有馬記念2021予想データ傾向分析

   

有馬記念2021予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1番人気は信頼できる
  2. 相手は手広くが基本
  3. 関西所属馬が優勢
  4. 牝馬が互角以上の走り
  5. 追い込み馬の勝ちなし
  6. 前走5着以内が基本
  7. 大外8枠は不利

基本データ該当馬

エフフォーリア、クロノジェネシス、タイトルホルダー、ステラヴェローチェ、アリストテレス

有馬記念データ傾向

有馬記念は、中山競馬場の芝2500mで行われるG1レース。2014年から馬場改修され牝馬の好走が見られるようになった。

近年はスタートから位置を取りにいき中盤で息を入れてゴールに向かって加速していくパターンが続いている。

ラスト1000mから動いてゴール前でも止まらないため先行馬が有利であり後ろの位置取りでは苦しくなりやすい。

有馬記念はM.デムーロを始めルメールなど馬を動かしていける騎手が好結果につながるケースが目立つ。

競走馬の能力ありきとは言えども有馬記念では騎手により注意を払うほうが賢明かも知れない。

1番人気が好走するケースが目立っていることから穴を狙うならヒモ荒れまでというのが近年のデータ傾向。

どの枠順でも好走できるものの内枠の方が有利な傾向が見て取れる。

好走は4歳、3歳、5歳が目立っており、勝ち馬になると6歳以降は厳しい印象を受ける。

予想ポイント

中山競馬場は立ち回りでカバーできるコースで騎手の力量も結果として表れることは少なくない。

特に近年は外国人騎手が穴をあけるシーンが目立っておりヒモには加えておいた方がいいだろう。

前年の好走馬が再度馬券に絡む傾向もありリピーターを狙っていくのも有効な戦術となっている。

人気馬だけで決まるレースの方が少ないため穴馬の激走に注意を払いたいレース。

2014年の馬場改修から牝馬が絡むケースが増えてきており互角に戦える舞台となっている。

とは言え最低でもG1レースを勝つぐらいでないと期待しづらいのが現状だろう。

改修以降は内枠の好走が目立っており枠順も好走要因の1つとして注目したい。

有馬記念で穴馬を狙うなら内枠から選んでいきたいところ。

割と決め打ちしても期待できそうなのがトリッキーコースの面白い所と言えるのかもしれない。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI