【エリザベス女王杯2018予想】穴馬データ傾向と対策

   

エリザベス女王杯 予想オッズ1番人気はモズカッチャン。さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

出走馬と予想オッズ

2番人気は秋華賞を回避した3歳ノームコアがつけている。

人気 馬名 予想オッズ
1 モズカッチャン 2.4
2 ノームコア 3.7
3 リスグラシュー 4.3
4 レッドジェノヴァ 7.3
5 カンタービレ 7.6
6 フロンテアクイーン 23.7
7 スマートレイアー 25.9
8 クロコスミア 37.3
9 コルコバード 45.9
10 ミスパンテール 54.7
11 アドマイヤリード 128.3
12 レイホーロマンス 250.1
13 ワンブレスアウェイ 263.3
14 プリメラアスール 277.9
15 キンショーユキヒメ 435.0
16 ハッピーユニバンス 526.5
17 ヴァフラーム 588.5
18 エテルナミノル 714.6

データ傾向とレースラップ予測

エリザベス女王杯は、京都競馬場の芝2200mで行われる牝馬限定G1レース。

過去のレースラップを見るとペースが緩みやすいことが分かり、また瞬発力が必要な傾向を示している。

そのため、ある程度の位置にはいたいレースではあるが、意外と逃げは残らないため番手以降の先行馬を狙うのがセオリー。

枠順に有利不利は見られず外枠からでも好走することが可能。実際の馬場でバイアスがなければ重視しなくて良さそうだ。

血統ではディープインパクト産駒が明らかに高い適性を示している。人気でも馬券のヒモには加えておくべきだろう。

穴馬タイプではロベルト系が入っている馬に注目したい。それほど率は高くないもののハマった時の威力は絶大。

前走ステップレースがG3以下の馬は好走期待値が低くなる。堅実にいくならG2以上は必須と考えたいところ。

エリザベス女王杯 予想まとめ

近年は3~4歳馬が中心となるエリザベス女王杯。ここ5年は5~7番人気の激走が目立ってきている。

このレースの決着タイム予測は2.13.5前後。基本的にはスローペース前提で考えておくべきだろう。

レースは中団から進める馬が勝ちやすい傾向はあるが、あまり後ろの位置取りでは圏内の好走が難しくなる。

そういった点では展開や騎手の器量が重要なレースになると言えるかもしれない。

特にM.デムーロは連覇を達成しており思い切りの良さが好結果につながっているイメージがある。

そういった点をふまえると消極的になりやすい若手が乗る馬は割り引いた方がいいかも!?

無料競馬講座

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G1予想

error: セキュアシステムにより選択できません!