中日新聞杯2021予想データ傾向分析

  

中日新聞杯2021予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気が好走しやすい
  2. 6~9番人気に激走余地あり
  3. 東西厩舎の好走率は互角
  4. 3~4歳馬が中心になる
  5. 7歳までなら激走の余地あり
  6. 逃げ残った馬が少ない
  7. 中4~8週の出走ローテーションが良好

データ予想ポイント

1番人気が好走しやすい傾向はあるも、時には穴馬も激走している波乱含みのレースになりやすい。

ただ、10番人気以下にもなると好走率はガクッと落ちて期待しづらいため1ケタ人気内の組み合わせを重視すべき。

基本的には実績重視で3勝級からの参戦は良い結果にはつながっていない。オープン級の実績を重視しよう。

出走馬ローテーションでの好走幅は広く、基本は中4週以上のゆったりした出走が良い結果をだしていた。

中10週以上でも勝ち馬はでており、あまり消耗していない馬を重視するのが良さそうだ。

あまりハンデキャップ重量を重視する必要はなくデータパターンを元に激走馬を絞り込んでいこう。

基本データ該当馬

アドマイヤビルゴ、ラストドラフト、シゲルピンクダイヤ、トラストケンシン、アイスバブル、ディアマンミノル

レースラップ分析

中日新聞杯は、中京競馬場の芝2000mで行われるハンデキャップG3重賞レース。G1レースの間だけに微妙なメンバーが集まりやすい。

過去のレースラップを比較すると前半はスローペースになりやすいことが分かる。そこから少しずつ加速していくパターンが多い。

2018年は特殊なペースになり直線に向かいつつ息の入るペースになっている点は珍しいと言えるだろう。

外枠が不利な傾向が見られるが、ゆったりと加速していくレースになるためロスのない位置取りが問われるせいか。

ただ、ラスト1ハロンは落ち込むため差し馬が不利になるということはなさそうだ。

なるべくロスのないレース運びができる器用さがあるかもチェックしておきたい。ラストに脚を残すために折り合いも重要になる。

AI競馬新聞

 

AI競馬新聞 - 競馬を投資にする必須ツール

AI競馬新聞は、激走馬を絞り込むことで配当アップに貢献します。

軸馬だけでなく穴馬だって特定してしまう。

たとえ馬券がハズレても小額で爆発力のある馬券を買うことを可能にする。

68,990,600円【有馬記念2008】

手堅い本命馬だけでなく穴馬の特定もおまかせください。

馬柱データをグラフ化したことで出走馬の比較をカンタンにします。

さらに世界初の逆解析レーストレーシング技術で買うべき馬に集中することができる!

なんと、この勝ち組ツールが基本無料で利用できます。

無料版では、レース発走30分前から約10分間隔で順次情報公開中。

10年以上プラス収支を継続したノウハウを体験してください。

そして、最後には業界トップエージェントのパドック診断まで抜かりなし!

その一部は、ツイッターでも公開しているので要チェックですよ。

今までの競馬予想を過去のものにする革新的な近未来ツール。

あなたの馬券だけでなく人生をも変えるかもしれません。

AI競馬新聞 & パドック診断

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!