中日新聞杯2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/11/22

中日新聞杯データで知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気が好走しやすい
  2. 6~9番人気に激走余地あり
  3. 東西厩舎の好走率は互角
  4. 3~4歳馬が中心になる
  5. 7歳までなら激走の余地あり
  6. 逃げ残った馬が少ない
  7. 中4~8週の出走ローテーションが良好

データ予想ポイント

1番人気が好走しやすい傾向はあるも、時には穴馬も激走している波乱含みのレースになりやすい。

ただ、10番人気以下にもなると好走率はガクッと落ちて期待しづらいため1ケタ人気内の組み合わせを重視すべき。

基本的には実績重視で3勝級からの参戦は良い結果にはつながっていない。オープン級の実績を重視しよう。

出走馬ローテーションでの好走幅は広く、基本は中4週以上のゆったりした出走が良い結果をだしていた。

中10週以上でも勝ち馬はでており、あまり消耗していない馬を重視するのが良さそうだ。

あまりハンデキャップ重量を重視する必要はなくデータパターンを元に激走馬を絞り込んでいこう。

基本データ該当馬

アドマイヤビルゴ、ラストドラフト、シゲルピンクダイヤ、トラストケンシン、アイスバブル、ディアマンミノル

レースラップ分析

中日新聞杯は、中京競馬場の芝2000mで行われるハンデキャップG3重賞レース。G1レースの間だけに微妙なメンバーが集まりやすい。

過去のレースラップを比較すると前半はスローペースになりやすいことが分かる。そこから少しずつ加速していくパターンが多い。

2018年は特殊なペースになり直線に向かいつつ息の入るペースになっている点は珍しいと言えるだろう。

外枠が不利な傾向が見られるが、ゆったりと加速していくレースになるためロスのない位置取りが問われるせいか。

ただ、ラスト1ハロンは落ち込むため差し馬が不利になるということはなさそうだ。

なるべくロスのないレース運びができる器用さがあるかもチェックしておきたい。ラストに脚を残すために折り合いも重要になる。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!