中日新聞杯2019予想データ傾向分析

  

中日新聞杯オッズ1番人気は?みんなの投資競馬AIクラスリビルドを役立てるためのデータ傾向を検証していこう!

中日新聞杯2019データ傾向分析

中日新聞杯2019

中日新聞杯は、中京競馬場の芝2000mで行われるハンデキャップG3重賞レース。G1レースの間だけに微妙なメンバーが集まりやすい。

過去のレースラップを比較すると前半はスローペースになりやすいことが分かる。そこから少しずつ加速していくパターンが多い。

2018年は特殊なペースになり直線に向かいつつ息の入るペースになっている点は珍しいと言えるだろう。

外枠が不利な傾向が見られるが、ゆったりと加速していくレースになるためロスのない位置取りが問われるせいか。

ただ、ラスト1ハロンは落ち込むため差し馬が不利になるということはなさそうだ。

なるべくロスのないレース運びができる器用さがあるかもチェックしておきたい。ラストに脚を残すために折り合いも重要になる。

中日新聞杯2019予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1サトノソルタス2.5
2タニノフランケル4.7
3ラストドラフト5.1
4アイスバブル6.4
5マイネルサーパス13.1
6ロードヴァンドール16.4
7アイスストーム16.7
8ショウナンバッハ22.6
9アドマイヤジャスタ23.7
10サトノガーネット25.9
11カヴァル42.4
12ランドネ49.1
13ミスマンマミーア96.1
14ジェシー110.1
15パリンジェネシス137.9
16メイショウエイコウ513.3

中日新聞杯2019予想まとめ

このレースから飛躍していく馬が多いことから4歳以下の成長が著しい馬たちの活躍が目立っている。

5歳以上は4分の1の好走率を見ると、このデータ傾向は競馬予想していく上で重視していいポイントと言えそうだ。

ハンデキャップレースなので実力と負担重量差の開きが大きくなりやすい3歳馬はすべてヒモに絡めてもいいかもしれない。

中京競馬場は470kg以上の馬格のある馬が有利な傾向が見られる。坂の上り下りが続くためパワーが必要とされるからだろう。

特に直線は急坂を上ることになるため馬格の小さな馬は抑えまでに留めるのが馬券的には効率が良さそうだ。

関連レース:中山金杯

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!