ターコイズステークス2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/12/18

ターコイズステークス2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

📊基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気が好走しやすい
  2. 荒れる時はバカ荒れする
  3. 東西所属馬は互角
  4. 3~4歳馬が中心
  5. 逃げ馬が残りやすい
  6. 前走2着馬の激走率が高い
  7. 前走レースはG1と3勝級が中心

データ該当馬

コナコースト、ヒップホップソウル、サウンドビバーチェ、ウインピクシス、ミスニューヨーク、ソーダズリング、サーマルウインド

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

ターコイズステークス2024予想

ターコイズSは、中山競馬場の外回り芝1600mで行われる牝馬限定のハンデキャップ重賞レース。過去のレースラップから中盤パターンは見られず一貫してないことが分かる。気分屋の牝馬らしくレースラップの予測は難しそうだ。

ペースが速くなれば差し決着もあるものの、基本は4コーナー5番手以内につけられる好位型から買う方が安心できる。4歳馬が主力で6歳以上の高齢になるとガクンと好走率は堕ちていく。もう年齢が変わる時期でもあり当然と言えば当然だろう。

ハンデは53~56.5kgの好走が主力になるため、あまり実績に乏しい軽ハンデ馬での活躍は難しそうなイメージがある。前走3勝クラスで53kgと評価が上がりきれていないタイプがデータ的には美味しい馬と言えそうだ。

ターコイズステークス2024予想まとめ

レースラップパターンが豊富なことこともあって1分33~35秒台と決着幅の広いレースとなっている。だからこそ高配当が期待できるレースとも言えるが、まず手広く買わないと取りこぼすシーンが多くなるとも言える。

どんなレースでも対応できる臨機応変さが必要で、そうなると好位から進められるレースセンスのある馬を重視したいところ。1頭だけ自信があるのなら単勝・複勝などシンプルな馬券に集中して買いこんでみる手もある。G1レースが一通り終わった後ということもあり調子の下降など把握しづらいことも影響していそうだ。

スピード的に有意差はないが斤量的に恵まれやすい3歳馬を重点的に見ていきたい。また、上がり馬として勢いがあり、かつ斤量が軽い4歳馬がいたら注目しておこう。

上位決着もあれば下位人気が激走することもある牝馬らしい気分次第で決着することも少なくない。芝1600mでのレース勝利経験は必須。関東馬は中山競馬場マイルの勝利経験が欲しいところ。関西馬は初コースでも問題ないが、関東馬は中山コースで勝利経験がないのは割り引きたい。さらに重賞レース3着以内の経験があるかも必須条件に近い。実績馬を重視するのが無難だ。

■今週の重賞レース
朝日杯フューチュリティステークス

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!