ターコイズステークス2021予想データ傾向分析

    2021/12/14

ターコイズS2021予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気が好走しやすい
  2. 荒れる時はバカ荒れする
  3. 東西所属馬は互角
  4. 3~4歳馬が中心
  5. 逃げ馬が残りやすい
  6. 前走2着馬の激走率が高い
  7. 前走レースはG1と3勝級が中心

基本データ該当馬

アドラステ、スマイルカナ、マルターズディオサ、ギルデッドミラー、サンクテュエール、スマートリアン、ドナウデルタ、ホウオウラスカーズ

データ予想ポイント

芝1600mでのレース勝利経験は必須。関東馬は中山競馬場マイルの勝利経験が欲しいところ。

関西馬は初コースでも問題ないが、関東馬は中山コースで勝利経験がないのは割り引きたい。

さらに重賞レース3着以内の経験があるかも必須条件に近い。実績馬を重視するのが無難だ。

ターコイズSレースラップ

ターコイズSは、中山競馬場の外回り芝1600mで行われる牝馬限定のハンデキャップ重賞レース。

過去のレースラップから中盤パターンは見られず一貫してないことが分かる。気分屋の牝馬らしくレースラップの予測は難しそうだ。

ペースが速くなれば差し決着もあるものの、基本は4コーナー5番手以内につけられる好位型から買う方が安心できる。

4歳馬が主力で6歳以上の高齢になるとガクンと好走率は堕ちていく。もう年齢が変わる時期でもあり当然と言えば当然だろう。

ハンデは53~56.5kgの好走が主力になるため、あまり実績に乏しい軽ハンデ馬での活躍は難しそうなイメージがある。

前走3勝クラスで53kgと評価が上がりきれていないタイプがデータ的には美味しい馬と言えそうだ。

ターコイズ予想ポイント

レースラップでも指摘している通り、さまざまなレースラップから1分33~35秒台と決着幅の広いレースとなっている。

だからこそ高配当が期待できるレースとも言えるが、まず手広く買わないと取りこぼすシーンが多くなりそうだ。

どんなレースでも対応できる臨機応変さが必要で、そうなると好位から進められるレースセンスのある馬を重視したいところ。

1頭だけ自信があるのなら単勝・複勝などシンプルな馬券に集中して買いこんでみる手もある。

G1レースが一通り終わった後ということもあり調子の下降など把握しづらいことも影響しているのだろう。

AI競馬新聞

 

AI競馬新聞 - 競馬を投資にする必須ツール

AI競馬新聞は、激走馬を絞り込むことで配当アップに貢献します。

軸馬だけでなく穴馬だって特定してしまう。

たとえ馬券がハズレても小額で爆発力のある馬券を買うことを可能にする。

68,990,600円【有馬記念2008】

手堅い本命馬だけでなく穴馬の特定もおまかせください。

馬柱データをグラフ化したことで出走馬の比較をカンタンにします。

さらに世界初の逆解析レーストレーシング技術で買うべき馬に集中することができる!

なんと、この勝ち組ツールが基本無料で利用できます。

無料版では、レース発走30分前から約10分間隔で順次情報公開中。

10年以上プラス収支を継続したノウハウを体験してください。

そして、最後には業界トップエージェントのパドック診断まで抜かりなし!

その一部は、ツイッターでも公開しているので要チェックですよ。

今までの競馬予想を過去のものにする革新的な近未来ツール。

あなたの馬券だけでなく人生をも変えるかもしれません。

AI競馬新聞 & パドック診断

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!