阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/11/22

阪神JFで知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気が好走しやすい
  2. 東西厩舎の好走率は互角
  3. 勝ち馬は「差し」が優勢
  4. 前走3着以下は軽視
  5. 前走G3レース出走馬が中心
  6. 勝ち馬はキャリア3戦まで
  7. 馬券対象はキャリア4戦まで

データ予想ポイント

2戦によるG1レースであるため「キャリア」は資質と連動することが多い。

基本的に重賞レース勝ちのあるキャリア2~3戦馬が中心になる。

その中で4着以下に敗れたレースがあると信頼性はガクッと落ちてしまう。

新馬メイクデビュー戦を勝ちあがったキャリア1戦馬が参戦することがある。

近年は奮わないが穴馬での激走も過去にはあることから常時ヒモに加えたい。

上位人気が好走するレースなため過去データから穴馬パターンは見てこない。

基本データ該当馬

ベルクレスタ、ナミュール、サークルオブライフ、ステルナティーア、ナムラクレア、ラブリイユアアイズ

レースラップ分析

阪神ジュベナイルFは、阪神競馬場の外回り芝1600mで行われる牝馬限定G1レース。

桜花賞まで同じ舞台でG1レースが行われるため先に繋がりやすい。

過去のレースラップを比較してみたところ、例年それほど大きな差は見られず似たようなレースラップの傾向が見られました。

基本的には上がり4~5ハロンからゴールに向けて加速していきレースの上がり3ハロンタイムが掛かる競馬になりやすい。

直線では坂を上るレイアウトになっていることから最後はスタミナが明暗を分けることになり一介のスピード馬では乗りきれません。

その点を踏まえるとタフなレースを経験している馬は順当に評価しておくべきでしょう。

特に東京競馬場を経験してきたアルテミスSやアイビーSからの出走馬は好走率が高く相性の良いコースと言えます。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!