チャンピオンズカップ2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/11/15

チャンピオンズカップ予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~3番人気が好走しやすい
  2. 穴馬の激走勝利がよくある
  3. 7歳以上は割引必要
  4. 牝馬の勝利もあるが基本は牡馬
  5. 関西馬が優勢も関東馬も激走力あり
  6. 逃げ馬は馬券のヒモまで
  7. 8枠の好走がなくハズレ感が強い

チャンピオンズCデータ予想ポイント

ダートでは珍しく牝馬が勝ったこともあるように伏兵の激走がたびたび起きている。

ただ、基本的にはG1レースを勝っている馬がかちやすく実績の裏付けは必要だろう。

地方巡業している馬だと評価が難しいところだが激走パターンもあり軽視はできない。

中距離1800~2000mでG1勝利がある馬が堅実。少なくとも重賞の連対実績は欲しい。

前年からのリピート好走が傾向として見えてきており、ここから馬券を組み立てるのもありだ。

ただ、古馬になってからの大敗は巻き返し例がなくリピーターとして期待できない。

チャンピオンズCレースラップ傾向

チャンピオンズCのレースラップを見ていくと4ハロン過ぎからレースが動いていく消耗戦になりやすいことが分かります。

この点からスピードだけで乗り切ることが難しくスタミナを裏付ける2000m以上の距離実績が欲しいところ。

中京競馬場に替わってからの勝ち馬は地方競馬を含めて2000m以上の重賞レース勝利実績がありました。

近年の傾向から左回りでのJRA重賞レース好走経験のある馬が上位を独占していることが分かりました。

もちろんレースのグレードが高い方が良く着順も良いほど評価は高くなります。

そういったレース条件を満たしている馬は上位人気では多いですがアウォーディーは地方競馬の実績なので割り引いて考える必要があります。

近2年ともに関西馬が勝っているのですが、2014年は関東馬の出走自体なかったことから関西馬が強いとは言い切れません。

2015年は、関東馬が2~4着に入ってますし、今のところは互角と見ておくべきでしょう。チャンピオンズカップ予想データ傾向では、輸送のある関東馬にもチャンスはあると見ておきます。

チャンピオンズカップの好走血統という視点で見ていくとサンデーサイレンス系、ミスタープロスペクター系、デピュティミニスター系と綺麗に分かれており、この組み合わせの血統配合を多く持つ馬を重視するのも面白いかも知れません。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!