ジャパンカップ2017穴馬予想のデータ傾向

   

近年では牝馬が4勝しており「ジャパンカップは牝馬」の時代になりつつある。

すでに10年前から牝馬がポツポツと好走し始めるようになり、この短い間で牡馬を圧倒しているのは何か理由があるのだろうか。その牝馬たちは、牝馬ながら日本ダービーを制したウオッカや牡馬と同等の走りを見せてきたブエナビスタ、牝馬三冠を達成し牡馬相手にも活躍したジェンティルドンナと名牝ぞろいであった。

こうした点を踏まえると、ただ単に牝馬が有利なわけではなく、過去に牡馬と対等な走りを見せてきた牝馬が斤量差を生かして勝利しているケースが多いということが分かる。

3歳時は牝馬トップ級の評価を受けていた馬で前走の天皇賞秋では直線で外に出せず7着に終わっている。過去の牡馬キラーの勢いは弱まっており微妙な感じは否めないものの、前走から上積みが見込めるようならヒモには加えておいても良さそうだ。

ジャパンCデータ傾向

近年のジャパンカップはレコード決着になるようなペースにはなりにくくなっている。

それでもラスト1ハロンは落ち込むためスタミナの裏付けは必要と考えておきたい。

10~11ハロン区間においてグンと加速しているように脚力も必要であり総合力を問われる舞台。

それでも展開の紛れで好走する馬はいるように穴馬の好走余地は少なからずありそうだ。

ただ、いまだスローペース化は続いているようにさらなるペースダウンに備えておく必要もある。

スローペース競馬では穴馬の台頭余地が大きくなるだけに枠順や展開から残り目を考えておきたい。

特化型リピーターに注意!

近年は、どのレースでも言えるが得意条件で走る特化型リピーターの活躍が目立ち始めている。昔のような万能型の方が軸馬としては最適なものの、馬券の高配当を狙うのではあれば特化型リピーターを厚めに買っておくことは悪い選択肢ではない。

外国馬の取捨

最近の外国馬は賞金が目的の2~3流馬しかこなくなっている。日本の馬場は硬すぎると言われ敬遠される対象となっており仕方ない。

2006年のディープインパクトが勝った時の3着馬ウィジャボードから好走はなく基本軽視でいいだろう。それでも日本に合う馬を選別していることを考えれば高配当を演出するときは外国馬が絡むときとも言える。

もし資金に余裕があり軸馬のいる3連系馬券のヒモなら無条件に入れておき荒れるのを待つという馬券戦術もアリ。まず狙っていくのは無謀なので小資金では軽視が正しい。

ジャパンカップ予想オッズ

1	キタサンブラック	2.2
2	レイデオロ		3.0
3	サトノクラウン		6.6
4	シュヴァルグラン	10.0
5	ソウルスターリング	11.4
6	マカヒキ		12.5
7	レインボーライン	34.8
8	シャケトラ		38.2
9	サウンズオブアース	46.5
10	アイダホ		56.9
11	ヤマカツエース		87.6
12	トーセンバジル		90.2
13	ギニョール		100.6
14	イキートス		144.0
15	タンタアレグリア	184.5
16	ワンアンドオンリー	339.3
17	ラストインパクト	412.7
18	ブームタイム		645.7
19	ディサイファ		870.3

ジャパンカップ予想見解

スローペースでは基礎能力をごまかせるため展開などファクターの影響力が増す傾向がある。

2017年のメンバーを見ると積極的にペースを作るような馬は見当たらない。

昨年はキタサンブラックがハナを切ったが今年も同じ展開がありえる構成と言えるだろう。

調子を維持していればキタサンブラックを軸にした馬券を構築するのが最も手堅い。

無料配信で投資競馬を体験しよう!

無料競馬情報の詳細

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,