京阪杯2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/11/26

京阪杯2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~3番人気が好走しやすい
  2. 関西馬が好走の中心になる
  3. 3~4歳魔の好走率が高い
  4. 前走スプリンターズS組は不調
  5. 前走1番人気馬はシナジー高め
  6. 前走G1級は不調な傾向
  7. 牡馬の好走率が優勢

基本データ該当馬

"ルガル","トウシンマカオ","シュバルツカイザー","ショウナンハクラク","ビッグシーザー","エイシンスポッター","シングザットソング"

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

京阪杯2024予想
過去のレースラップを比較するとスプリントにしてはスタートから飛ばすというよりも中盤レースラップが緩む息の入りやすい傾向が見られた。

過去には後半のレースラップが速いレースが珍しくなく、その点では異端なスプリントレースになることを想定しておく必要がある。

そういう点を考慮していくと予測ペースが上手くいかないと人気馬はもとより穴馬の激走を絞り込むことはカンタンにはいかないと言えそうだ。

まずはスローペースの可能性を考慮すべきか出走メンバーから可能性を算出しておきたい。その上でペース予測を行い好走馬を絞り込むのがセオリーになる。

その際には特殊なスプリントになる点から京都競馬場に好走履歴があるかを重視したい。数戦してすべて馬券圏内なら軸馬として信頼できる。

京阪杯2024予想まとめ

当たり前になるがスプリント実績がある馬を重視するのがセオリーになる。明確な理由がなければ初距離での参戦は割り引いて考えていいだろう。

牝馬はやや劣勢ながらも前走オープンレース5着以内であれば好走率が良く回収率も高めとなっている。好調な牝馬であれば拾って損はなさそうだ。

このレースはレース展開の幅が広めなこともあり波乱が起こると手をつけられないことがある。それでも基本は人気馬から馬券構築するのが無難だ。

どうしてもヒモ荒れしやすいためトリガミ覚悟で波乱を待つかシンプルな馬券に落とし込んでいきたい。

これから年を迎えようとする時期なので3~4歳馬に勢いがあるのは納得のいくところで積極的に活用するべきだ。

■今週の重賞レース
京都2歳ステークスジャパンカップ

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!