ジャパンカップ2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

   

ジャパンC 予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気で決着しやすい
  2. 6歳以上になると不振傾向
  3. 牝馬の好走率が高い
  4. 外国馬は苦戦している
  5. 追い込み馬は不利
  6. 前走着順は馬券圏内が理想
  7. 1枠の有利が目立つ

基本データ該当馬

シャフリヤール、ダノンベルーガ、デアリングタクト、ユーバーレーベン、ヴェラアズール、ヴェルトライゼンデ、ボッケリーニ

シャフリヤール

天皇賞秋はスローペースで瞬発力勝負になったが不向きだった様子。海外帰り2戦目のジャパンカップも展開がカギになりそうだ。

ダノンベルーガ

天皇賞は3歳馬が決め手を発揮しての好走が目立った。強者不在のここで初GI制覇の期待が高まっている。

レースラップからの重視ポイント

ジャパンC2022

例年のレースラップを見ると平均で1秒、最大で1.5秒ものペース差があるように緩急がキツいレースになりやすいことが分かる。

こうなるとレース展開予測もカンタンにはいかないためペース適応力のある馬を軸馬に据えるのがいいだろう。

そのような馬をカンタンに見極めるコツは中距離から長距離まで選ばず好走してきたような馬に注目すること。

逆に好走距離の幅が狭いのに人気になっている場合は過剰に評価されていると考えた方がいいかもしれない。

そういう点から古馬レースにおいては真に強い馬が好走するレースという見方のできるため種牡馬の選定レースとしても価値がありそうだ。

ジャパンC予想ポイント

特化型リピーターに注意!

近年は、どのレースでも言えるが得意条件で走る特化型リピーターの活躍が目立ち始めている。

基本的に万能型の方が軸馬としては最適なものの、馬券の高配当を狙うのではあれば特化型リピーターを厚めに買っておくことは悪い選択肢ではない。

外国馬の取捨

近年の外国馬は賞金目的の2~3流馬しかこなくなっている。日本の馬場は硬すぎると言われ敬遠される対象となっており仕方ない面もあるだろう。

2006年のディープインパクトが勝った時の3着馬ウィジャボードから好走はなく基本軽視でいい。それでも日本に合う馬を選別していることを考えれば高配当を演出するときは外国馬が絡むときとも言えそうだ。

もし資金に余裕があり軸馬のいる3連系馬券のヒモなら無条件に入れておき荒れるのを待つという馬券戦術もアリか。まず狙っていくのは無謀なので小資金では軽視が正しい。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!