ヴィクトリアマイル2018AI予想と穴馬データ

   

Pocket

投資競馬は、「ハードスキル」「ソフトスキル」という概念を中心に構成されています。

競馬で勝てる能力を持っている人は多くいます。しかし、その多くの人が潜在能力を発揮することができていません。結局のところ収益を決めるのは正しいデータをどう活用するかが全てです。

競馬でたとえるならハードスキルは、論理的に構成されたデータ分析手法が該当します。これらは勉強すれば身に付くものを組み合わせたもので技術として確立しやすいものです。

一方でソフトスキルは、個人の性質が関わるもので目標に向かって絶え間なく改善し続ける努力やメンタル面や資金など自己管理する能力を指します。

どちらの能力も持つ人がベストですあ、現代では仕事が複雑化しているため部署で分業するのが効率的です。あれもこれも自分でやっていくよりも効果を発揮しやすいのが特長でしょう。

ソフトスキルは収益面に対して有効であり自身の能力を存分に発揮できる部分でもあります。何をすれば上手くいくのか色々と試していくことで最適な結果を求めていくことが大切です。

投資競馬では多大な労力が必要なデータ分析をを私たちが請け負い、ユーザーには利益に集中してもらう形を最良と考えてきました。最高の結果をだすために良質なデータづくりに力を注いでいます。

ヴィクトリアマイルのデータ傾向


ヴィクトリアマイルは、東京競馬場の芝1600mで行われる牝馬限定のG1レースになります。2015年には、3連単2000万円もつくなど波乱の結果も起きており一筋縄ではいかないレースと言えるでしょう。

過去のレースラップを見ると中間ラップにバラつきがあることが波乱の要因なっていると考えられます。ここが極端に速くても、逆に緩んでも波乱になっていることは、それだけ混戦傾向の強いレースと言えるのかもしれません。

それでも前年からリピートで好走する馬が目立つため、前年の好走馬は必ず勝っておくべきレースと言えるでしょう。比較的に逃げ先行が優位のような印象もありますが、追込みが決まることもあり差し馬でもチャンスはありそうです。

ヴィクトリアマイル2018予想見解

今年のヴィクトリアマイルをAIで予測したのが青線になりますが、今年はペースが上がり1.32.5あたりで決着する可能性もありそう。

予想オッズでは最低人気に近いリエノテソーロも視界に入ってくることで波乱になる展開も十分に考えられるでしょう。

人気馬では、同じ舞台であるNHKマイルを勝っているアエロリットも基準を満たしていることから実績馬の勝利も十分に考えられるところ。

こうしてみると人気馬を軸にして手広くが無難なレースと言えるのかもしれません。あまり狙いにいかず手広く買って単系で高配当を待つというのも面白そうです。

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G1予想