【ローズステークス2018予想】AIデータで穴馬を探る

   

ローズS予想オッズ1番人気はサトノワルキューレ!G1レースの秋華賞へと続く重要な一戦のデータ傾向を明らかにしていきたい。

ローズSデータ傾向

ローズSは、阪神競馬場の外回り芝1800mで行われるG2秋華賞トライアル。夏の上がり馬と春の実績馬の対戦が楽しみな一戦。

近年のレースラップは山なりを描いているように大きくブレていない。前半ゆったり後半からゆっくり加速していきゴールまで息の長い末脚が試される。

有力G1馬が復帰してくるレースということで実績馬の好走は手堅いものの穴馬は夏に使ってきた馬があける傾向がみられる。

堅く決まる年を除くと7番人気以降から穴馬でており軸馬から手広く流して当てるのがセオリーと言えるだろう。

ただ、あまりに手広すぎると利益がないなんてこともありえるだけにオッズに注意しておきたい。

ローズSは関西で行われるため必然的に関西馬中心のレースになりやすい。特に今年は紫苑Sが重賞レースになったため積極的に遠征してくる意義は薄くなった。

そういったこともあるせいか意を決して出走してくる関東馬の馬券好走率が高い傾向がみられるようだ。

本気度の高そうな関東馬を選ぶことで馬券的中は近づいてくるかも知れない。

出走数が多いディープインパクト産駒はジェンティルドンナ、デニムアンドルビー、タッチングスピーチと3勝をあげている。

好走馬7頭はすべて前走3着以内だったことから、ディープインパクト産駒は前走3着以内馬に注目したい。

ただ、近年の傾向からディープインパクト産駒の株は上がりっぱなしだけにオッズは期待しないほうが良さそうだ。

逃げ・先行タイプに連対馬がいないことから、差し・追い込み脚質が好走する舞台であることが分かってきた。

特に前走で上がりの速かった馬は連対率・複勝率ともに最も高く、複勝回収率でも100%を超えるなど狙い目となっている。

阪神競馬場の外回り芝1800mで末脚を爆発させる馬を狙うことで買うべき馬が見えてくるはずだ。

ローズS予想まとめ

ローズSの決着タイムは良馬場で1.45.5前後と予測している。週末は雨の可能性もあり馬場悪化も考慮しておきたい。

予想オッズ1番人気サトノワルキューレはディープインパクト産駒の素質馬。G1レースのオークスでは6着と結果を残せなかった。

馬体重を減らし続けてのG1レース参戦だけに余力がなかった可能性は考えておきたいところ。

春の実績馬が出走してこない点で秋華賞に繋がるか把握しづらいだけにパフォーマンスが問われる一戦と言えるだろう。

>> 競馬予想に役立つ無料情報はこちら

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想