中山金杯2018予想データまとめ

      2019/08/06

中山金杯2018予想オッズとデータ傾向から好走馬が見つかるのか検証していきたい。

予想オッズ1番人気【2.4倍】ツクバアズマオーが支持されている。中山競馬場に実績のあるステイゴールド産駒と大崩れしていない安定した走りが人気の理由だろう。函館記念とオールカマーで3着と重賞レースの実績があるとは言えないが複式の軸馬として見れば買いやすい1頭と言える。ただ、実績の割にハンデが見込まれた印象もあり馬券圏外のシーンも考えておきたい。

2番人気【4.2倍】ストロングタイタンは、自己条件から勝ち上がっての重賞レース挑戦になる。連勝してきたタイプは過剰な人気になりやすいため未知の魅力はあるものの人気になりすぎると妙味は少ない。ただ、54kgのハンデを考えれば今が買っておきたいというのも確かで馬券の頭を重視するとバランスを取りやすい。あまり芝で大成することがなかったフォーティナイナー系の血統背景から不気味さが漂う一頭だ。

3番人気【4.6倍】マイネルハニーは京都金杯とダブル登録している。中距離で実績を挙げているだけに中山金杯に回る可能性も十分だろう。逃げにこだわらずに勝てた重賞レースのチャンピオンズカップは価値ある勝利だった。中山競馬場では1800mの重賞レースであるスプリングS2着になっており1ハロンの延長が好走のカギを握っている。

中山金杯データ傾向

例年通りのレベルにあれば似たようラップで推移していく可能性が高い。

レースレベルが低かった2014年は平凡らラップを刻んでいる。2016年は全体的に緩いペースが続いたことで過去レースよりも瞬発力が必要とされる流れになった。

前半のペース推移によって立ち位置による有利不利が決まってくるが、よほどハイペースにならない限り追い込み馬の台頭は難しそうだ。無難に先行馬を軸馬にした馬券戦術が攻略のセオリーと言えるだろう。

2017年は逃げる馬は揃っていることから極端なスローペースからの末脚勝負になる可能性は低い。マイネルハニーの動向次第なところはあるが平均ペースに近くなると見ている。

予想オッズで人気のツクバアズマオー、ストロングタイタン、マイネルハニーは中山競馬場を器用に立ち回れる自在性があることから堅い決着も考えられる。

勝つための競馬予想法

競馬予想の補助ツールが普及したことで全体オッズが低下している。長い目で見ての回収率を意識することが競馬で勝つために必要となる。馬券を当てるだけでなく本線をしっかり的中させるか、効率よく穴馬を絞りこめないと収益は上がってこない。

当てにいくだけの馬券では思うように回収率は伸びないだろう。どこでリスクを取って回収率を伸ばすかがカギになる。

過去のデータ傾向から外枠は不利な傾向があるために割り引いて考えるのが良さそうだ。こういった点からも大外を回していく追い込み馬にとってきつい状況がうかがえる。

また、ハンデキャップレースで斤量は気になるがトップハンデでも好走しておりハンデを考慮しすぎるのは良くない。2017年のトップハンデ馬はクラリティスカイの57.5kgとなっている。

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

> AIクラスリビルドで10年プラス達成者を輩出した投資競馬はこちら <

よく読まれている記事

no image 1
投資競馬で確実に稼ぐために必要な馬券の買い方

投資の概念を利用した手法を使えることが投資競馬の魅力になります。投資の初心者でも ...

no image 2
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を継続した人たちはどうやって勝つことができたというのだろうか。そ ...

no image 3
競馬初心者が最初に競馬予想を学んではいけない理由

競馬は当てるために馬券を買うんじゃないんですよ。こう言うと驚かれるかもしれないで ...

no image 4
無料の競馬新聞でも効果的?おすすめの見方があった!

競馬新聞を使うなら、どれも大差はないと思います。馬柱なら無料でも差はないですから ...

no image 5
3連単の買い方でプラス収支に必要な考え方

3連単は配当が高いというイメージがありますが、実際は1つしかない当たりに対して多 ...

 - 競馬予想データ傾向