神戸新聞杯2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

   

神戸新聞杯 予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

2022/06/12 東京3 3連複 19,817,000円

2,000万円を当てた強者出現!

2022/09/04 新潟3 3連複 1,947,600円

毎週ご利用者さまの自慢馬券が届いています。


人間には分からないデータ変動をAIが感知して激走を予測する未来の競馬新聞。
天気が変われば好走馬も変わるのに今まで当然のように無視されてきました。
どのようにすれば予想に織り込めるか分からなかったからです。
その変化を自動で織り込めるAI競馬新聞は今までの専門紙に足りなかった情報を完全に補完することができます。

AI基本データ攻略

AIデータ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~3番人気で堅すぎる
  2. 日本ダービー出走の王道路線組が順当
  3. 日本ダービ6着以下からの参戦馬は奮わない
  4. 日本ダービ以外の参戦馬はキャリア7戦以内が走る
  5. 重賞レースの勝利数が多いほど良い
  6. 騎手の乗り替わりは減点

データ予想ポイント

日本ダービー以来から夏休みを経て復帰してきた王道クラシック路線組が主力になる。

過去には夏の上がり馬が好走したこともあるが勝つまでには至らずクラシック路線組の層の厚さを信頼するべきだ。

過去の馬券配当を見ても1~3番人気で決まっていることが多い堅調なレースで穴党の出番はあまりない。

それでも波乱のあったレースを見てみると皐月賞から日本ダービーへと好走馬がガラリと変わっていると危険な兆候と言える。

日本ダービーの上位組が出走してこなった時も同様のことが言えそうだ。G1レースレベルの質に注目してみるといいだろう。

データ該当馬

プラダリア、アスクワイルドモア、ヴェローナシチー、ボルドグフィーシュ、サトノヘリオス、ビーアストニッシド

レースラップウェーブ分析

神戸新聞杯2021

例年のラップウェーブを比較してみると、中盤レースラップが緩んでおりペースは上がりにくいことが分かる。

年により緩み方に差がでるものの、基本的にはゴールに向けた加速ラップを踏んでいくことが多いようだ。

こうした中盤が緩むペースになると穴馬の台頭があるものだが、このレースについては堅い決着が多く見られた。

極端な競馬をするよりかは好位からレースを運んでいける無難なタイプを選んでいきたい。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI