【神戸新聞杯2018予想】穴馬データ傾向と対策

   

神戸新聞杯 予想オッズ1番人気はエポカドーロ!菊花賞へと続く重要な一戦のデータ傾向を元プロゲーマーMajiNが解説します。

よっさこ~MajiNです。運営はデータに四苦八苦してるようだけど使うだけの方はラクじゃな~♪

データ分析のキモは曖昧さを上手く活用することにあるらしい。

何でもそうだけどプロと呼ばれる人ほど、いらないものを捨てるのが上手い。

そのゲームプレイ完璧だったねと言うと答えはいつも決まって「そうじゃない」

自分の得意な形を知りつくし、その域からでないことを徹底しているという。

馬券もよく当てる人が儲かるわけじゃない。むしろ、高配当を得る人は的中率が低かったりするもの。

そもそも完璧の概念が曖昧。すべてを無難にこなすのもある意味完璧だがパフォーマンスが高いかと言えば・・。

自分の形を極めて実直にプロセスとして行動できる人がプロ足りえるんだろう。

神戸新聞杯データ傾向

神戸新聞杯は、阪神競馬場の芝2400mで行われる3歳限定G2重賞レース。菊花賞トライアルに指定されている。

過去のレースラップを比較してみると、7ハロン目からゆっくりと加速していくのが例年のパターンになっている。

そこからゆっくり加速していきラスト4ハロンで瞬発力が必要とされる。近年はペースが上がらない傾向。

セントライト記念と比べるとジリジリと負荷が掛かるため競走馬への圧も大きいのが予想される。

スピードとスタミナ、そして持久力・加速力とバランス良く問われる条件なので本番に直結しやすい。

穴馬の出現パターンを見ると、夏競馬を使ってきた組が優勢。使ってきたアドバンテージは生きるようだ。

春は重賞レースで掲示板に乗ってきて力をつけてきたような馬が狙い目になる。

神戸新聞杯の出走馬

下記は予想オッズの人気順になります。(当日オッズは要確認)

人気 馬名 予想オッズ
1 エポカドーロ 2.2
2 ワグネリアン 2.5
3 エタリオウ 4.7
4 ステイフーリッシュ 11.9
5 ゴーフォザサミット 16.7
6 メイショウテッコン 20.4
7 アドマイヤアルバ 22.9
8 タイムフライヤー 28.2
9 ダブルシャープ 106.9
10 ビッグスモーキー 181.2
11 ハーベストムーン 463.1

神戸新聞杯の予想まとめ

神戸新聞杯の決着タイム予測は2.25.5前後。今年もペースが上がらない可能性が高い。

人気馬が強いレースになるため春の実績馬を中心にするのが的中へのセオリー。

今年は伏兵になる重賞馬も少なくないことから荒れる可能性は低くなさそうだ。

穴馬は返って絞りづらいため、まずは軸馬にふさわしい馬を決めて馬券を構築したい。

>> 競馬予想に役立つ無料情報はこちら

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想