平安ステークス2018AI予想と穴馬データ

      2019/08/06

JRA-VANのツールや馬柱にある情報をさらに独自情報を加えて分かりやすくしたものが投資競馬のゴールドマイニングになります。

ゴールドマイニングは、一般的にはできない価値を算出することで軸馬・穴馬にムダなくアクセスできます。だからといって穴馬を高確率で的中できるわけではありません。

穴馬はなぜ穴馬なのか?それは、不安定な気性や体調、またはレース条件など20以上のファクター耐性が少ないからです。そういった馬を高確率で見抜けなくても、一般的な水準より高ければ十分な利益が期待できます。

1つも不安のない馬は滅多にません。そういった確実性ばかりを追ってしまうと返って利益効率が悪くなります。どういうリスクを受け入れると得をするのか、そういう視点で馬券を買えればプラス回収率はカンタンになるでしょう。

平安Sデータ傾向

平安Sは、京都競馬場のダート1900mで行われるG3レースになります。過去にはG1レースを勝利した馬など実績馬が活躍する傾向が強いレースです。

過去のレースラップを比較すると、それほど展開がブレることがないため、前年の好走馬がリピートしやすい。この1900mという舞台、マイナーな距離になるためデータが不足しがちです。

この距離でパフォーマンスを上げてくる馬がどれなのか、そういう意識が必要になるレースと言えます。近年は、ミスタープロスペクター系がサンデーサイレンス系を凌ぐ好走を見せてきました。

ダートで起きている変化の波を感じつつ、新しい可能性を見出すレースになるかもしれません。

平安S予想見解

人工知能による2018年のレースラップを算出したところ決着タイムは1.56.0前後でなる公算が強そうです。

1番人気でリピート出走となるグレートパールに逆らう余地はあまりないのかもしれません。1年近い休養明けの前走でも強さを見せつけており軸馬としては妥当ではないでしょうか。

このデータ水準では、過去のリピートとなるクリノスターオーアスカノロマンも好走条件に近いと言えます。最近の成績を見る限りピークアウトした印象もあるためヒモ荒れで期待する方がいいでしょう。

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

> AIクラスリビルドで10年プラス達成者を輩出した投資競馬はこちら <

よく読まれている記事

no image 1
投資競馬で確実に稼ぐために必要な馬券の買い方

投資の概念を利用した手法を使えることが投資競馬の魅力になります。投資の初心者でも ...

no image 2
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を継続した人たちはどうやって勝つことができたというのだろうか。そ ...

no image 3
競馬初心者が最初に競馬予想を学んではいけない理由

競馬は当てるために馬券を買うんじゃないんですよ。こう言うと驚かれるかもしれないで ...

no image 4
無料の競馬新聞でも効果的?おすすめの見方があった!

競馬新聞を使うなら、どれも大差はないと思います。馬柱なら無料でも差はないですから ...

no image 5
3連単の買い方でプラス収支に必要な考え方

3連単は配当が高いというイメージがありますが、実際は1つしかない当たりに対して多 ...

 - 競馬予想データ傾向