オークス2017予想と穴馬サインを考える

   

Pocket

2017年のオークス(優駿牝馬)を予想オッズやデータ傾向をもとに穴馬サインがないかも含めて分析していきます。

東京競馬場の芝2400mデータ

525mの長い直線を誇る東京競馬場らしく差し馬が台頭しやすい舞台となっている。クラシックディスタンスと呼ばれる2400m戦は、もっとも競馬で攻防が激しくなりやすい舞台。

その点から展開、折り合い、競馬関係者の思惑といったファクターが強く反映されることから重視した戦略視点を持つといいだろう。よく思っていたレース展開と違うということが起きやすい舞台であることを覚えておきたい。

逃げ切りの可能性は低いが高い回収率を誇る脚質だけに油断は禁物。裏を返せば高配当をもたらす戦術と言えるからだ。むしろ馬券の買い方が難しいのは先行馬だろう。追い込み馬の方がチャンスがある舞台ではあるが、今までの経験則から全くの無視もしづらく取捨に悩むことが多い。

近年はハービンジャー産駒の勢いが増してきており注意しておきたい。ハーツクライ産駒の勢いは落ちているが繁殖の良い世代が走ることから軽視は禁物だ。

ゴールを起点に起伏を追っていくと、1コーナーから向正面半ばにかけて高低差1.9mの長い下り坂が続き、その直後、まずは3コーナーの手前に高低差1.5mというけっこう急な上り坂が馬たちを待ち受けている。 最初の坂を上りきった後は短い平坦部分を挟んで下り勾配が続き、4コーナーの手前からは再び若干の上り勾配に。そして直線の残り480m地点~残り260m地点にかけては2つめの坂が設けられている。中山や阪神に比べると勾配自体はなだらかでも、高低差は2mに及ぶこの直線の坂は、よく“だんだら坂”と表現され、東京の名物となっている。(JRA)

東京競馬場コースデータ

オークスが荒れるポイント

2歳から桜花賞まで一貫してマイルを走る馬が多く一気に800mの延長が結果に大きな影響を与えることになるのは言うまでもない。そういう視点から見れば折り合い不安の少ない馬を馬券の軸として迎え入れるべきだろう。少し足りない馬でも折り合い上手であれば能力差をカバーすることもある。

オークスでは日本ダービーに比べてペースが上がらない傾向があり上手く折り合えればマイラーでも馬券圏内に好走することは珍しいことではない。あまり距離適性は意識しすぎない方が馬券戦略のミスは起こらないはずだ。1に上がり3ハロンの末脚、2に折り合いと重視していくことで買うべき馬が見えてくるはずだ。

東京競馬場の天気

競馬レース分析ダイジェスト

ほかに気づいたことがあればメールでお知らせします。たまに軸馬穴馬や買い目メールも配信するかも。

↓万馬券ゾクゾク的中!

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

みんなの投資競馬ユーザーコンテンツ

最強のユーザーコンテンツ

日本最強を目指す強者がいま名乗りを挙げる!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,