【日本ダービー東京優駿2020】知らないと損する予想データと外厩 - 追い切りプロがチェックする馬体診断

    2020/05/30

日本ダービー予想に役立つデータをピックアップ。ロボアドで馬券を当てるだけじゃない最高の配当を目指そう!

先週のロボアドバイザー無料公開的中レース

先々週の単勝万馬券を当てて波に乗れるか!?先週も回収率1000%オーバー的中レースが出現しました。
メンター伊藤
メンター伊藤

すでに億り人を輩出している最強のシステムを一般化させたものを「ロボアドバイザー」と呼んでいます。

人間では気づけない理由なき激走馬にスポットライトを当ててきたロボアドは投資界隈で最高の性能を証明。

たかが競馬、されど競馬、どれが高尚かなんて関係ない。来たるAI社会ではロボアドの力をつかいこなした人が勝利します。

馬名予想オッズ
コントレイル1.6
サリオス3.4
サトノフラッグ8.6
ワーケア13.0
ガロアクリーク32.7
ダーリントンホール33.8
ヴェルトライゼンデ38.3
ビターエンダー47.9
アルジャンナ50.9
ディープボンド56.5
ヴァルコス61.8
マイラプソディ78.7
サトノンプレッサ84.0
コルテジア95.8
ウインカーネリアン101.4
マンオブスピリット152.1

日本ダービーデータ傾向

競馬予想に役立つ過去のデータ傾向をまとめてみました。

上位人気馬での決着パターン

近年1番人気馬の負けが目立つようになってきているものの上位人気で収まるケースも少なくない。

基本的には上位人気からの組み合わせを考えるレースで穴馬を探すのは容易ではなさそうだ。

オッズメリットで言えば3番人気と5番人気が盲点になりやすい傾向で抑えておくべしと言える。

実績馬が中心になるが東京競馬場や距離延長で恩恵のある馬を見分けられるかが的中の分かれ道と言えるだろう。

皐月賞組が順当

G1レースである皐月賞組が中心になる。他路線からの参戦は厳しめというのが例年の傾向になる。

クラシックロードから脱落しトライアルレースで再浮上してきたような馬は評価すべきでない。

キャリア6戦以上なら上がり目はないと考えても差し支えないだろう。

追い込み馬は不利

逃げ・先行・差し馬が好走の中心。追い込み馬なら内枠を引いてロスのない競馬ができないと厳しそうだ。

7~8の外枠は順当に好走率が落ちているので脚質で相対的に判断することは難しくない。

たとえば、差しで8枠なら相対的に不利になるので割り引かざるを得ないだろう。

ただ、このあたりは馬場傾向とリンクするので雨で馬場が荒れてくれば臨機応変に狙いを変えていく必要がある。

東京優駿データまとめ

・上位人気馬が中心。穴馬は人気軸で拾うのが低リスク。
・皐月賞組が中心。他路線が通用するかはポテンシャルで判断。
・追い込み馬は不利。内枠が有利な傾向。

東京優駿レースラップ比較から分かること

日本ダービー

過去のレースラップからはパターンを見いだすのが難しいレース。中盤ペースが落ちることもあれば持続戦に近いこともある。

このあたりは陣営の思惑や競走馬の気性が関係してくるため、あらゆるレース展開に対応できる馬を中心にせざるを得ない。

その点から見れば基本的に実績馬から狙うのがセオリーと言える。展開利で上位に絡んでくるような馬はヒモで拾うしかない。

長距離戦らしく駆け引きでレースラップが変わってくるため対応できる馬がいなければ手広く買うことも考えたいところ。

逆に対応できるタイプが絞れるなら、そこに集中して投資する方がリスクバランスはとりやすいだろう。

中距離以上で色々なペースを経験している馬がいれば必ず馬券には加えておきたい。逆に経験が少なければ過大評価は禁物だ。

日本ダービー外厩・追い切り仕上がりチェック

ロボアドと最強の相性を示す競走馬エージェントが有力馬の仕上がりを解説します。

コントレイル 【予想オッズ1.6】

外観だけで言えば戦績ほど特別感のある馬ではなく、仕上がりは良いものの他を圧倒するという感じではない。

ただ、競走馬としてバランス感覚が非常に優れていて天性の競馬巧者ではある。デキは良い意味で平行線。


 -競馬予想データ傾向分析