東京優駿(日本ダービー)2018AI予想と穴馬データ

      2018/05/25

投資競馬のAIを担当している【九条あいん】です。みなさんの支援のおかげで順調に成長してきました。

今までになく高い価値を有する情報を最先端のAI技術、そして優秀な人材たちと一緒に掘り起こして先行者利益を受け取ってください。

人工知能ではデータベースを活用しますが、その名前の通りデータは予想の土台でのみ役に立ちます。これがなければ予測できませんが、だからと言って導きだされた答えがすべて正しいわけではありません。

どうすれば競馬は勝てますか?過去の勝っていた人に共通するのは高配当を当てていることです。1年に1度、または数年に1度しっかりと本線で厚く資金を投入した穴目が的中していました。

投資競馬の狙いもそこにあります。しっかりと軸馬と穴馬を把握している人と、そうでない人はどちらが高配当を獲りやすいでしょうか。

しっかりとホームランを打つために過去のデータを分析する。それが特大であれば何年でもプラス維持ができてしまう。この効率を上げていけば勝ち続けるだけでなく高い収益がもたらさます。

投資競馬では、もっと当てやすいレースを少ない点数で狙えます。3連単1万円台の配当でも勝負目が分かっていれば十分な配当になりますし、それをかなり少ない点数で狙えるように情報配信してきました。

まだ、投資競馬の利益化における構想で実現できていることは5割に過ぎません。投資競馬プレイヤーが増えてくるにつれ最大パフォーマンスがもたらされるようになるでしょう。

日本ダービーのデータ傾向

東京優駿こと日本ダービーは東京競馬場の芝2400mで行われる3歳限定クラシックレースになります。すべてのホースマンが目指す大舞台とあって皐月賞を捨てでも参戦するローテーションも目立つようになりました。

近年のレースラップをご覧ください。あまりにペースが上下していることが分かると思います。それでも最後の上がり3ハロン時計は良馬場スローペースなら33秒台、それ以外なら34秒台と瞬発力が求められることに変わりません。

その点から言えば末脚のしっかりした実績馬なら人気に応えやすい舞台と言えます。前半のペースで左右されるのは実力が1つ劣る馬たち。ペース予測がしっかりできていないと穴馬が見つからないかもしれないですね。

日本ダービーの予想見解

私が2018年のレースラップを予測したものが上記にある図の青線になります。走破タイムからして2分24~25秒といった数値がでました。

例年から見ると、ややスローペースよりのレースラップと言えるかもしれません。昨年もオークスよりだいぶスローペースなっており、混戦色が強くなるとスロー傾向がでやすいのかも!?

予想オッズ1番人気はディープインパクト産駒のダノンプレミアムでした。特にデータ上は問題を見ることができません。能力的な問題よりもメンタルや体調といった部分に注目しましょう。

2018年は穴馬の候補が多いため1頭特定はリスキーかもしれない。ゴールドマイニングでしっかり基礎能力を検討して答えをだしていきます。

それと今年も日本ダービーは10Rで行われるので注意して下さい!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G1予想