マイルチャンピオンシップ2017穴馬予想のデータ傾向

   

一口馬主のエージェント出資馬が重賞レース2勝目を挙げる活躍を見せている。

卓越した相馬の知識と経験は今まで惜しげもなく披露されてきた。

実際に数年に渡り公開してきた出資馬の半分はオープン入りを果たす活躍を見せている。

オープン馬になれる確率は6%程度だけに、いかに異常な数字かがよく分かるだろう。

そんな人がいるわけないと思うかもしれないが無料サービスとして運営されてきた上での事実である。

URL:http://www.4keiba.com/

こうした競走馬エージェントの慧眼は馬券に生かすことができたらどうなるだろうか。

これは投資におけるエッジ、つまり優位性として生かせることは想像に難くない。

こうした要素を集めて体系化したのが投資競馬システムであり軸馬だけでも確率ブレイクを起こしている。

自分自身の強みが何なのか。それを生かすにはどうすればいいのか。

これらを考えていくことが年間プラス収支継続の近道であることは間違いない。

それは自分の得意分野を伸ばすことで特別なスキルが身につけば給料が良くなることにも似ている。

マイルチャンピオンシップデータ分析

マイルチャンピオンシップに限らず、最近はスロー化の影響でラップパターンが複雑化してきた。

短距離ならスピード比べだった過去とは違い、今はその逆の瞬発力比べになることが2015年のラップパターンで示されている。

まったく正反対の適性を問われることになるためレース展開で上位入着馬が入れ替わると考えていいだろう。

基本的に混戦なのがマイル路線であるため、このレースについては展開というファクターを重視することをおすすめしたい。

ただ、展開は水物と言われるようにレース終了後に初めて分かるもの。

いくつかの馬券パターンを買うのが攻略のセオリーと言えそうだ。今のような接戦の時代ではトリガミの許容範囲を考えておきたい。

マイルチャンピオンシップ予想オッズ

1	エアスピネル		3.3
2	イスラボニータ		3.8
3	レッドファルクス	5.0
4	サトノアラジン		6.4
5	ペルシアンナイト	6.6
6	サングレーザー		15.0
7	マルターズアポジー	15.1
8	ウインガニオン		33.5
9	グランシルク		37.0
10	レーヌミノル		42.0
11	クルーガー		61.6
12	ヤングマンパワー	66.1
13	ネオリアリズム		89.4
14	ガリバルディ		116.8
15	アメリカズカップ	121.1

マイルチャンピオンシップ予想見解

loading

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017 , ,