天皇賞(春)2016馬場考察

    2017/05/03

基本的に内が有利ではあるけど外も大きな不利がないフラットな馬場という印象を受けた。大外ブン回しの差しでもない限り大きな不利はなさそうだ。この天皇賞春は内枠が有利な傾向にあるが、今年は内だけでなく外に目を向けておかないと痛い目に合うかも知れない。

レース展開は、決め打ちの逃げがバッティングでもしないスローペースが濃厚。前は止まらないだけに先行意識が働くようなら後半で極端に加速していくようなラップを刻む展開が濃厚だろう。スタミナと瞬発力のバランスが求められるようなレースになると外枠と言えどもゴールドアクターには都合が良い。

最内を引いたキタサンブラックは逃げる公算は低いと見ている。前走の大阪杯は逃げて2着も一気の距離延長となるだけに前半はじわっと無難に乗りたいはず。わざわざ目標になる意味もなく逃げ宣言はスローに落とすための戦術の可能性が高い。乗り方としては菊花賞の再現を狙うのではないだろうか。

よく読まれている記事

1
JRA-VANデータマイニングに価値はあるのか

JRA-VAN NEXTは、1日110円で利用できデータが豊富なことから、JRA ...

2
Youtube動画詐欺が流行る理由 - 情報弱者ビジネスの闇

Youtube動画の視聴者数が伸びており、これから懸念しなければいけないのが詐欺 ...

3
投資競馬で確実に稼ぐために必要な馬券の買い方

投資の概念を利用した手法を使えることが投資競馬の魅力になります。投資の初心者でも ...

4
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

もくじ 競走馬の能力を理解しない限り馬券効率は上げられない!競馬新聞で分かるのは ...

5
競馬初心者が最初に競馬予想を学んではいけない理由

競馬は当てるために馬券を買うんじゃないんですよ。こう言うと驚かれるかもしれないで ...

 -競馬配信