京都大賞典2021予想 - AIデータ傾向分析で判明した買いポイント

  

京都大賞典2021予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

AI基本データ攻略

AIデータ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~3番人気は宝塚記念からの参戦だと信頼性アップ
  2. 穴馬の激走が見込める
  3. 4~5歳馬が中心
  4. 6歳以上はG1連対経験がある馬に限る
  5. 関西馬が好走の中心を占める
  6. 関東馬が不利ということはない

データ予想ポイント

前走G1レースからの参戦組が総じて確実性が高くなっている。ベストレースは宝塚記念で、次点に天皇賞(春)が有力。

ただ、4カ月以上の休養を挟んでいると勝つまでには至らないケースが多くなることに注意したい。

重賞レース3着以内の実績が好走ボーダーラインとなっており、自己条件レースからの参戦は基本厳しいものになっている。

ただ、レースレベルもあるので基本的にはケースバイケースで考えたい。例外はいつだって存在するのだから。

データ該当馬

モズベッロ、アリストテレス、キセキ、オセアグレイト、ヒートオンビート、アイアンバローズ

予想オッズ(単勝)


馬名予想オッズ
1アリストテレス2.5
2モズベッロ5.4
3キセキ5.8
4ヒートオンビート7.2
5ステイフーリッシュ7.4

>> すべて表示する

アリストテレス

久々にM.デムーロとのタッグが復活する。調教ではデムーロを背にしっかりと負荷をかけていた。

実りのある秋になるか確認するために能力を発揮できるデキで出走させる可能性は高そうだ。

モズベッロ

雨馬場に強いイメージだが週末の天気はどうなるか。夏は良いとは言えず涼しくなってから良化してきた模様。

涼しくなったり暑さがぶり返すなど天候の落差も大きいだけに見立て通り8分の仕上がりになっているか注目したい。

キセキ

調教を順調に積んでおり回復力の高さは今なお健在で衰えを知らない。近走は恰好をつける走りで本来の姿を取り戻しつつある。

4コーナーの加速が一息で置かれる所があるぶん、どうしても遅れてしまうことが多いようだ。

ヒートオンビート

体に芯が入ってから精度の高い走りを見せるようになってきている。血統に反して晩生感がある馬だが良くなれば一気の素質開花でも驚きはない。

早めに帰厩してからは順調に調教を重ねており力試しの一戦と考えているようだ。



パドック診断

 

億り人が活用する高確率の激走馬を直前にアドバイス!


競馬サークルで存在感を強めるエージェント軍団が十分な根拠でギリギリまで絞り込めるから人気馬でも十分なリターンが見込める!

今のオッズは手広く買われていて、ただ馬券を当てるだけでは利益が十分でないことが増えてきました。

その問題を解消すべくAI(人工知能)と関係者にアドバイスもするエージェントを融合!

その結果、単勝万馬券すら自信を持って買えてしまう予期しない事態が発生しています。

AIエージェントを味方につけた情報配信を下記サイトで無料独占配信!

競馬初心者だって激走ビームを使えば、どの馬にチャンスがあるか丸わかり。

今まで馬券購入者は、あまりに不利すぎました。

これからはAIエージェントに頼ってみませんか?

激走パドック診断はこちら

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!