アメリカジョッキークラブカップ2018予想データまとめ

      2017/09/29

AJCC2018予想オッズやデータ分析をもとに好走馬を検討していきます。

ラジオNIKKEI賞を勝ったディープインパクト産駒ゼーヴィントが出走を予定している。AJCCと同じレース条件のセントライト記念では、皐月賞馬ディーマジェスティに迫る好走を見せているだけに有力馬として支持されて当然だろう。ただ、福島記念はあっさり負けてしまったように力が付ききったと見るには早そうだ。

菊花賞2着馬リアファルも出走を予定している。2015年の有馬記念で故障を発生したあとに休養に入っていたが2016年の年末に行われた金鯱賞で無事復帰を果たし5着という成績だった。まずは走ってみないと分からなかっただけに及第点の内容と言える。そこから順調に来ており、ここで本来の力を発揮できるか問われることになる。

AJCC22017データ傾向

中山競馬場の外回り芝2200mということでトリッキーさに磨きがかかっている。スタートから1000mまでは似たラップを刻むものの1000mを過ぎてからは毎年のように違ったパターンのラップを刻んでいる。

持続的なスピードが求められるレースになったり、緩やかに入り直線で瞬発力が必要だったり、だらだらとしたラップを刻む時もある。

おそらくレースレベルによりラップがバラついていることが考えられる。まだ、一流馬が本格始動する前に重賞レースということもあり、G2レースであっても好メンバーが揃うとは限らないのだろう。

いくら急坂のある中山競馬場でも最後に大きく減速するラップにならないため追い込み馬にとっては鬼門のレースになる。まずは先行~中団の脚質馬から馬券圏内を狙える対象を絞りこみたい。

オッズデータを見ると1番人気よりも2番人気が勝ちやすいレースとなっており決め打ちで馬券を狙っていくのも面白そうだ。

レースレベルのバラつきが大きいため4~8歳馬まで幅広く好走できる重賞レースであることも付け加えておきたい。勝率で見ていくと5歳と7歳馬が有利な傾向を示している。

2017年は、リアファルが出走することで例年よりも締まったペースになることも考えられる。逃げて連勝してきた馬だけに思い切りよく逃げれば穴馬の出番は少なるかもしれない。

予想オッズ

掲載までおまちください

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,