競馬に八百長はなくても「関係者への忖度」はありえる

   

競馬には、レースとして成立させるために「暗黙の了解」が存在しています。

一定のルールに沿って競走が行われているという事実を意外と認識していない人は多いのではないでしょうか。

たとえば、個人的な事情で逃げ馬に絡み、ペースを引き上げさせてレースを壊すことは難しいことではありません。

こうした行為は、意図せず起こることもあります。よくあるのは折り合いを欠いた馬が暴走してしまうパターン。

おかしな所でペースアップしてスタミナを使ってしまうと、信じられないほど惨敗することがあります。

マラソンでも一定ペースで走っている内はラクですが、近くに競う相手がいるとペースのアップダウンで疲労が早まってしまう。

このような破綻が起こると実力を発揮するための前提条件が崩れることで配当が荒れてしまい馬券を当てる難易度は爆上がりします。

この点から馬券をよく買う人ほど関係者を批判することには気を遣わないと無用なリスクを背負うことになります。

なんだかやる気ない後方ポツン程度ならマシですが、ストレス発散のためにレースを壊されるリスクを認識しておくべきでしょう。

2021年のオークスは不自然さにあふれていた

2021年のオークスでは、マイネルの冠名で知られるラフィアンのユーバーレーベンが勝利しました。

ラフィアン創業者は2021年に亡くなったあと、このオークスで初めてのクラシック制覇となったのです。

これだけなら、まったくあり得ない話だと思えるのですが、その背景を探ると「関係者の忖度」が見えてきました。

一番わかりやすいのは、日本ダービーに出走したサトノレイナスでしょう。

G1レース2着続きで一番適性があったオークスをなぜか回避。オークス未勝利の馬主がよく承諾したなと勘繰るのは当然でしょう。

厩舎も有力馬の2頭だしで勝つ可能性を上げられたのに、わざわざ牡馬と走る道を選ぶのは不自然さしかない。

そして、さらに可笑しいと感じるのがオークスの走破タイム。相当な高速馬場でしたが全体だけでなく3ハロンもピリっとしない。

日本ダービーに出走したサトノレイナスは2秒近くも速いタイムで走っているというコントラストの違いも鮮明です。

ダービーウィークは、Cコースに変わった点を考慮しても差が大きすぎる。狭い世界なので「暗黙の了解」が働いた可能性はあります。

日本ダービーのエフフォーリアも出走週で緩めの仕上げに切り替えられており、同じファーム内での調整も普通に行われていました。

いまの競馬は、前提条件がある限り大きな差はないため、当日の変化をいかに読み取るかは重要なシーンになっていくと感じています。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 投資ノウハウ

error: 操作することができません!