キーンランドカップまとめ

    2021/08/27

キーンランドカップは、札幌競馬場の芝1200mで行われる重賞レース。波乱含みのスプリント路線をロードカナロアのように統治できる王者が現れるのか。競馬理論で明らかにしていきたい。

2020年

人気馬が強い!?

過去レースにおいて1~4番人気が占める割合が多く意外と堅めの決着に落ち着く傾向があるようだ。

キーンランドCではあまり無理筋な穴馬を狙うよりも、人気サイドの馬を中心視してビシッと馬券を的中させたい。

夏の牝馬に注目!?

過去5年において4頭の勝ち上がりが牝馬という結果だった。さらに掘り下げてみても牝馬が好走するケースがよく目立っている。

夏は牝馬という格言がこのレースでは生きるということを覚えておいた方がいいだろう。

1枠は不利!?

コースロスを防げる1枠の好走率が悪く不振となっている。内枠だからと飛びつくのは危険なレース。

札幌競馬場の4つのコーナーはそれぞれ半径が大きく、“緩やかで大きなカーブ”になっているせいかも知れない。

洋芝経験は必須!?

1着馬は洋芝コース(札幌、函館の芝コース)で最低でも1勝を挙げていた馬に限られており、洋芝0勝の馬からは1着馬が出ていない。

2勝以上になると好走率が上がることから洋芝経験のある馬から馬券を買うべきだろう。

2015年

強かった函館スプリントSの価値

圧巻のパフォーマンスを見せたティーハーフの函館スプリントステークス勝ちもよくよく見ると勝利同日の自己条件と同じ時計であり価値が高いとは言えない。だからと言って0.4秒差での勝利から弱いと判断するべきではなく真価はこのキーンランドカップで問うべきだろう。

本格化してきたのは間違いなく血統傾向から見ても晩生の印象が強いだけにこれから真価を発揮していくのは間違いない。要はどこまで昇り詰めることができるかが馬券における焦点と言えるだろう。ここでも強さを発揮する可能性はあるものの何かにしてやられる可能性も十分に考えられる。

キーンランドカップの穴馬

ここでの穴馬はどの馬にもチャンスがあり特定するのは難しそうだ。前回の同じ洋芝で行われた函館スプリントステークスもクロフネ産駒までは読めたが1頭までに絞るのは難しかった。特に大した根拠がなくても穴が決まる時代なので手広く青田買いするのが無難だろう。最近のレースを見る限り強い本命馬はいないし見落とされた実力馬も存在しない。このレースも低空飛行を続ける中でどれがマシなのかを見極めるレースになるだろう。

夏競馬らしく大穴をあける馬がでてくるレースでもある。特に洋芝を得意とする牝馬には気を付けたい。サマースプリントを目指している馬を積極的に狙うと馬券的中率は良くなる傾向がある。キーンランドカップ予想では夏場の北海道戦に強い馬を中心に馬券を組み立てていこう。

2014年

札幌競馬場の芝1200mで行われる重賞レースのキーンランドカップをチェックしていきます。

キーンランドカップ出走馬分析

出走予定馬も含まれています。

レッドオーヴァル

ディープインパクト産駒らしい前向きな気性から短距離路線に変更して躍進を遂げてきた。馬体イメージは3歳から変わらないものの体に芯が入ったことで安定してきた感がある。牝馬ながら前躯に力強さがあるので洋芝自体は不問だろう。
仕上がり:★★★★☆ 

ローブティサージュ

希少なウォーエンブレム牝馬にしてはデキが安定している馬で今回も特に変わらず良い仕上がりにある。函館スプリントSでは初の1200mにも対応できたようにセンスの良さが光った。体つきだけで判断するとマイルまで距離の融通は利くだけに活躍の幅は広がりそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

マジンプロスパー

アドマイヤコジーン産駒らしからぬ大型馬の割に毎回仕上がってくるのは丈夫で乗り込み量が多いからだろう。筋肉質な馬体で太くは見せがちだがアウトラインはスッキリと見せている。四肢も力強く洋芝はいかにも合いそうなタイプ。
仕上がり:★★★★☆ 

スマートオリオン

グラスワンダー産駒にしては馬体の張りとバランスの取れた立ち姿は今までになく決まっている。中1週のローテーションで臨む今回は是が非でも賞金加算しておきたいという目論見が見て取れる。ここで凡走するようなら見通しは一気に暗くなりそうだ。
仕上がり:★★★★★ 

スノードラゴン

息の長いアドマイヤコジーン産駒から刺客を送り込んできた。高松宮記念の頃と比べて後躯に緩さを残しており立ち姿もピリッとしない。春先より迫力不足に映ることから目標は先にありそうだ。
仕上がり:★★★☆☆ 

2013年

キーンランドカップ予想はページ下部に掲載しています。

キーンランドカップ 出走馬診断

■評価尺度:良 S ⇔ D 悪

パドトロワ

父スウェプトオーヴァーボード 母グランパドドゥ(フジキセキ)
前回が見せ場のない敗走。悪い所を探したてみたが外観からダメージは感じられない。
59kgが堪える馬格とは思えないので精神的にキレたと見るべきか。

評価:A 悪くはない

サンカルロ

父シンボリクリスエス 母ディーバ(クラフティプロスペクター)
まずまずのアウトラインといったところで仕上がりとしては悪くない。
多少太く見えるので馬体重増には注意したい。

評価:B 水準級

アドマイヤセプター

父キングカメハメハ 母アドマイヤグルーヴ(サンデーサイレンス)
古馬らしくドッシリと構えるようになり精神的な成長が見込める。
スラッとした体からも今なら距離は伸びた方がいいのかも。

評価:A 仕上がり上々

シュプリームギフト

父ディープインパクト 母スーヴェニアギフト(スーヴェニアコピー)
良くも悪くも変わり映えなく昨年並みのデキにある。
繊細さのある典型的ディープ産駒なのでパワー馬場はマイナスになる。

評価:A 順調

ファインチョイス

父アドマイヤムーン 母アフレタータ(タイキシャトル)
四肢と背中がしっかりした馬なので洋芝が極端に合うのだろう。
とは言え、あまりに重い馬場はどうかと思うが・・・銭型の浮いた皮膚から調子は絶好調。

評価:S 絶好調

ストレイトガール

父フジキセキ 母ネヴァーピリオド(タイキシャトル)
伸びがある外観からスプリンターという印象は薄い。
ヤル気にあふれていて好印象も相手的には試金石になる。

評価:A 順調

フォーエバーマーク

父ファルブラヴ 母リトミックダンス(ダンシングブレーヴ)
牝馬ながら使われつつ更に磨きがかかってきており本当にタフな馬!
パワーも十分で初重賞制覇の追い風は吹いてきている。

評価:S 抜群

函館11 キーンランドカップ

予想公開は諸事情により不定期更新となっています。
事前告知なく更新されない日がありますが予めご了承ください。
更新される時は、レース発走15分前後までに公開されます。

◎7.レオンビスティー

気難しい馬で勝ちにいこうとすると甘くなる面がある。
3歳時に重馬場で2着と時計が掛る馬場はプラス。
重賞レースなら自然とジワッと乗る競馬になると見ての狙い。

○1.フォーエバーマーク

2番が気になるが、厩舎のけん制コメントでやり合わないと見る。
単騎ならしぶといだけに体調強化の今ならチャンスある。

▲15.パドトロワ

揉まれ弱い面を考えると大外に近い枠はプラス。
斤量と実績を考えれば巻き返して当然だが。

▼狙い目

ワイド:1ー7(1000円)、7ー15(1000円)
馬連:1ー7(500円)、7ー15(500円)

2012年

キーンランドカップ

◎01.グランプリエンゼル

前走は内枠を引き道中4番手。最近では先行した方。
だが差す競馬を覚えて復活した馬だけに結果的には
裏目にでたように思う。今回も内枠だがコメントや
鞍上を見る限り差す競馬をする公算が強い。

○05.ダッシャーゴーゴー

56kgは裸同然。ここで力を見せれないとG1は厳しい。

▲13.ドリームバレンチノ

前走は有力馬が自滅したり恵まれた面もあった。
終いは堅実で外枠をどう乗り切るかだけ。

☆10.シュプリームギフト

滞在競馬で馬が変わった。快勝の前走より3kg斤量増
の影響だけ。

キーンランドカップ分析

グランプリエンゼル

濡れたような滑らかな皮膚から体調は間違いなく良い。
アウトラインは少し緩いが仕上がりとしては水準級と言っていい。
評価:B 水準級

シュプリームギフト

馬体の外観自体は変化ないが、内臓面が強化されしっかりしてきた。
安定感が増した今なら自分のパフォーマンスだけは走れるだろう。
評価:A 平行線

スプリングサンダー

冬場はボテッとして硬い印象を受けたが、夏場の今は硬さが全くない。
皮膚感も悪くなく、外観からは調子の陰りは見えない。
評価:A 柔らか味あり

ダッシャーゴーゴー

最近はアバラが薄ら見えるぐらいスカッと仕上げてくる。
皮膚の血色も良く全く不安のないデキと言える。
評価:A 仕上がり良好

テイエムオオタカ

特に良く見せるタイプではないだけに外観はあまりアテにならない。
いつも通り可もなく不可もないデキ。
評価:B いつも通り

ドリームバレンチノ

トモに甘さを残すのは前回と同じで特別気にする必要はない。
毛色もあってか雰囲気の良さは抜群。
評価:A 成長余地あり

パドトロワ

前回がスカッとした仕上がりだっただけに、今回は重さを残す馬体。
まあ、もともと太めに見えるタイプなので大幅に増えなければ許容範囲と見たい。
評価:B 重め感あり

ビウイッチアス

3歳馬だが馬体の成熟度が高く、古馬と混じっても見劣らない。
非常に安定したタイプなので今回も自分の走りはできるはずだ。
評価:A 平行線

2011年

短距離は低レベルになりやすい傾向にあります。それはクラシックを中心とした生産が多い弊害とも言われており名馬といわれる馬は頻繁にはでてきません。そうしたこともあり短距離は波乱の様相になっていることから配当の妙味が見込めることは確かです。

しかし、その反面オッズが割れ易く展開による影響で着順が決まることから難易度の割りにオッズが安いと感じることも少なくありません。また、競走馬の能力序列が見通せないことも少なくないことから慎重な予想が求められてきます。あまり馬券相性が良くなければ無理せず軽視してもいでしょう。

キーンランドカップ

◎01.ガルボ

1200mは初めてもスプリント資質を問われた3走前の
重賞で2着。後に勝ち馬は、1200mのG1で2着に
好走しているハイレベルな一戦であった。外枠で脚を
使うと味がない馬で1枠は天運の好枠。初戦から狙い。

○08.カレンチャン

外を回して勝ったの前走は着差以上の完勝劇。
完全に軌道に乗った感があり勢いには逆らえない。

▲15.ジョーカプチーノ

時々ポカをやらかす感はあるが56kgは恵みの斤量。
走ればスプリント戦なら流れは関係ない。

△10

キーンランドカップ分析

アンシェルブルー
非常に安定感のある馬体。良い状態を保っているという意味で平行線。
馬体診断:★★★★☆

カレンチャン
捌きが硬めなので洋芝は向いている様子。キ甲から見て成長の余地はまだある。
馬体診断:★★★★☆

ジョーカプチーノ
太め感のないアウトラインだが、背中に力が入りきっていないぶん立ち姿が緩く映る。
馬体診断:★★★☆☆

パドトロワ
太めがちに映るが、この馬にしてはスッキリした丸みのあるアウトラインで好印象。
馬体診断:★★★★☆

ビービーガルダン
仕上がり早で見た目はいつも通り。
馬体診断:★★★★☆

レジェトウショウ
キングヘイロー産駒は、総じてトモが甘いものの成長と共に気にならなくなる。
まだ甘さを残すが、柔らか味のある立ち姿で調子は良い。
馬体診断:★★★☆☆

2010年

キーンランドカップ

日本に投資という意識が強まってきたのは近20年ぐらいで勘違いされていることが多いと感じています。まず、お金儲けのために株を買うという発想では勝てません。その思考は貧乏人がするものであり競馬にしろ株式にしろ投資の本質から外れやすいのです。投資の本質とは何でしょうか。しばらく考えてみてください。

投資とは価値ある対象にお金をだして、その対象が成果をだした時に初めて利益が生まれます。そう言われても人によって価値観は違うじゃないと思われることでしょう。そう、人により価値の感じ方は違うのが普通であり、それは生まれて育ってきた環境が強い影響を与えています。

その価値観はあなたが持つ唯一の武器ではないでしょうか。その感性をどう利用したら利益に繋がるのか。これを考えることこそが本当の投資だと私は考えています。あなたが持つ価値をお金に変えていくためにどうしたらいいのかを考えてみて下さい。これで明確な目標を持つことができましたね。あとは目標に向かった手段を考えていきましょう。

◎03.ベストロケーション

前走は絶対通ってはいけない所を通り失速。
2走前は重め残り、3走前は休み明けと敗因はある。
4走前に重馬場の重賞で2着と洋芝向きのパワーは十分。
ワンカラットとの力差は感じないだけに今回までは見限れない。

○01.ビービーガルダン

実績上位ながら洋芝適正も高く信頼度は高い。
斤量が1kgでも軽くなるのはプラスで大崩れは考えにくい。

▲10.ワンカラット

前走のように走った時は強い競馬をする馬。
ただ、走らない時は出が悪かったり不利が多く不安も拭えない。

×5,6,8

払い戻し

3連単:110,430円

2009年

キーンランドカップのデータ傾向に沿った厳選予想を開始する。

洋芝で行われるサマースプリント戦の重賞レース。ここで仕上げきるか、ここから指導してスプリンターズSを目指すか調教師は難しい選択を迫られることになる。どちらも手にしたいと出走してくることはあるが先細りになるケースが多く、よほどタフでないと調子維持は難しくなる。

最近は洋芝と言えども開幕週は時計がでるためスタートダッシュがいいスピード馬が圧倒的に有利となっている。直線が短いコース形態からも追い込み一手ではかなり厳しくデータ傾向にもよく表れている。馬券の軸馬にすえるなら先行できるスピード馬でなければ自ずと的中率は下がっていくはずだ。

投資競馬において重要なこと。それは結果を予想するだけでなく考えうる事象に対応すること。競馬の結果は1つしかないが決着パターンが1つしかないということは絶対にありえない。いくつかあるうちの1つが選ばれるという意識を持つことで本当の意味で馬券の買い方が見えてくるようになる。

キーンランドカップ

実績の割にずいぶん安く見られたなということでドラゴンウェルズが激走穴馬としての狙い。
2走前のレースは、ハイペースを4角から強引に仕掛けての0.3秒差、前走は内有利な展開を外から追い込んで0.1秒差と一定の評価ができるレースをしている。外めの馬場が伸び始めてきたのはプラスであり、今までのレースから能力も重賞級というのは証明済みである。先行勢がズラリと揃った今回は一発差しきりまで夢を見れる可能性は高いと見る。混戦オッズを切り裂くような目の覚める末脚を期待する。

◎ドラゴンウェルズ

単勝:3.000円
複勝:7.000円×6.3倍

払戻:44,100円

 -競馬配信

error: 操作することができません!