Youtube動画詐欺が流行る理由 - 情報弱者ビジネスの闇

  

Youtube動画の視聴者数が伸びており、これから懸念しなければいけないのが詐欺まがいへの誘導です。

詐欺師が顔をだす理由は、手っ取り早く信頼を得る最も単純な方法だから。顔が割れてるから大丈夫だと考えないで下さい。

いずれAIで顔で何をしてきたを結びつけるようなシステムを開発したいと考えていますが時間も開発費用もままなりません。

詐欺師というよりコンテンツ破壊者という方が実態には合っています。彼らはコンテンツを破壊するために動画を作ります。

競馬というコンテンツに愛があるわけでもなく、ただ搾取することを目的に競馬予想家を名乗ることでそれらしく見せようとする。

インターネットの隆盛により、大規模なコンテンツを破壊するほど莫大な利益を生みだせてしまう負の側面がでてきました。

資産50億円を自称し薬物で逮捕されたKAZMAXは、まさに仮想通貨や株式投資におけるコンテンツ破壊者の典型と言えます。

彼のフォロワーは10万人を超える人気ぶりでしたが、そのすべてが虚構で実態とはかけ離れたものでした。

こうした投資家を偽装するクラッシャーがいなくなっても、業界には負の遺産として不信感が残され成長を妨げるという悪循環をたどります。

そうすると努力がバカらしくなり、次の手を打つように再びコンテンツ破壊者がガワだけは魅力的なものを携えて華々しく登場することになるのです。

コンテンツ破壊者は魅力的に見せることが得意

コンテンツ破壊者は、快楽を求める視聴者やユーザーに向けて、あの手この手を使い楽しませようとしてきます。

競馬なら馬券の大金勝負をするような動画が見たいじゃないですか。当事者は、当たれば注目を浴び、ハズレても同情が買えるので痛くない。

その動画を通してファンを増やしていき様々な仕掛けを通して価値に見合わない高額なだけの商材を売りさばいていく。

それほどの価値がないと分かったとしても甘い汁がでる限り批判をものともせず居残り続けるでしょう。

そうして稼いだ資金をもとに色々なジャンルを渡り歩きコンテンツを破壊していく。これがコンテンツ破壊者の行動です。

破壊されたコンテンツには不信感だけが残り、まともなサービスが育たず多くの人に悪影響をおよぼすことになります。

競馬というジャンルも株式投資と同じく恰好のターゲットになってきました。まだまだ今後も続いていくことは間違いない情勢にある。

あまりに現実ばなれした競馬予想家に向けられる高いハードルを悪用できるのでコンテンツ破壊者にとっては都合がいいわけです。

プロなら毎週毎月のように勝てるはずだ。そう考える人たちを最初は楽しませファンができた所で中身が伴わない魅力的な商材を差し出すだけで儲かるのだから優良なクリエイターなんて育ちようがない。

視聴者は、相手は顔をだしているし何より楽しませてくれるのだから信頼できる!と論理的ではない感情的な判断をするため喜んで飛びつくのです。

これが一度でも成功してしまえば価値あるコンテンツを作るよりカンタンなのでどんどん破壊は進んでいくことになります。

負のループから抜け出す方法

Youtube動画の視聴時間が増えれば増えるほどコンテンツ破壊者との接点は今後もっと増えていきます。

動画の視聴者がコンテンツ破壊者と上手く付き合う術はありません。最終的にもたらされるのは確実な不利益のみだと考えて下さい。

人間は本能的にラクして楽しくありたいと思ってしまうもの。その先にはコンテンツ破壊者がゾロゾロとあなたを待ち受けています。

それを回避するには、あなたが一緒に何かを創り上げようとするクリエイターの意識を持とうとすること。

クリエイターは、長い目で見れば利益になる情報ノウハウを提供してくれるので、一時的な成果のみをもって断罪しないようにすることが大切です。

すでに書いた通り何かを創り上げることは多くの時間を必要とするので長年オリジナルなコンテンツを発信していれば破壊者の可能性は低くなるでしょう。

ずっと誰でもできるような競馬予想や基本的なデータ分析を発信しているだけなら予想家の皮をかぶったコンテンツ破壊者かもしれません。

価値あるコンテンツを見つけ共に育っていくことに目を向けることができれば自然と長期的な利益がもたらされるようになります。

コンテンツ破壊者の躍進と共に急激に減少している個人ブログを実感できていないでしょう。気が付いた時には手遅れかもしれません。

Youtubeの視聴数やブログランキングの偽装は当たり前に行われてきました。YouTubeの再生回数でさえ販売しているサイトが腐るほどあるわけですから。

特に日本は口コミなどフェイク・ビュービジネスが蔓延していると指摘する人が多いように、あなたの考えが及ばないことが裏で起きているのは間違いないのです。

潜入調査では数十名の協力者を確認しておりツイッターやYoutubeアカウントをいくつも開設し、いくつもの端末から操作して称賛コメントを送る自演行為が行われていました。

あれが詐欺これが詐欺なんて見抜くのは不可能な時代に突入しました。その渦に飲み込まれないためにクリエイター精神を理解することが大切になります。

情報が氾濫する時代では、人間や投資の「価値」を見抜ける人に利益がもたらされていく。そのようなクリエイターを見つけることがあなたの利益にもなるのです。

射幸心を煽るギャンブル系チャンネルの広告停止

私は20年前にパチンコの必勝法を実際に使って稼いだことがあります。それはアナログな打ち方でしたので知識があれば誰でもできるようなものでした。

しかし、その後はそういった手法はどんどん潰されていき今に至ります。業界が縮小する中でYoutubeが客を呼び込む手段になってましたが射幸心を煽り過ぎだなと感じていました。

実際にやれば楽しいのですが、投資競馬と違って頭を使って稼ぐようなことはできないので、子供が多いYoutubeでは集客の導線になることを嫌ったのでしょう。

テレビであれば深夜枠で放送されるので問題にならないけど、子供がこぞって見ているYoutubeでは見かけるのは時間の問題ですから。

競馬の大金勝負も期待値という視点でみれば失敗する確率が十分にある危険なコンテンツですからYoutubeからすると遠慮ねがいたいもの。

基本的に期待値というのは長期的なほど生きてくるというのがお約束ですから。それを十分に理解しているYoutubeにとって害しかないと判断されても不思議ではありません。

競馬予想サイト口コミの違法手段

競馬予想サイトの口コミもコンテンツ破壊者の得意技の1つです。大概は優良サイトがランキング化されて良い口コミばかりがついています。

大手の食べログでもないような数の口コミが量産されている時点でアレなのですが、この手法は警視庁が詐欺注意を呼びかける探偵(調査会社)がスピード返金をうたう手法と同一という真っ黒さ。

現存する個人の競馬ブログなどを評判レビューと称し悪意的に書き、そこに自演の口コミをつけることで信頼を得ようとする手口になります。

すべてのサイトが対象となるので社台グループのホームページも口コミも悪質と書いている適当なものですが初心者は真に受けてしまうでしょう。

「競馬予想 口コミ」で引っかかるサイトのすべてがブラックなので注意。なお、この手口はFXや株式など他ジャンルでも頻繁に目にする手法です。

この手口はYoutube動画を使っても行われいくことが予想できるため一層の注意を必要とします。Youtubeだから信用できるは間違いのもと。

もはやネタというデタラメが一番量産されている場所がYoutubeなのです。今後は手口が洗練され巧みさが増していくことは間違いないため自分の価値において判断することが自己防衛の最善策になります。

よく読まれている記事

1
JRA-VANデータマイニングに価値はあるのか

JRA-VAN NEXTは、1日110円で利用できデータが豊富なことから、JRA ...

2
Youtube動画詐欺が流行る理由 - 情報弱者ビジネスの闇

Youtube動画の視聴者数が伸びており、これから懸念しなければいけないのが詐欺 ...

3
投資競馬で確実に稼ぐために必要な馬券の買い方

投資の概念を利用した手法を使えることが投資競馬の魅力になります。投資の初心者でも ...

4
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

もくじ 競走馬の能力を理解しない限り馬券効率は上げられない!競馬新聞で分かるのは ...

5
競馬初心者が最初に競馬予想を学んではいけない理由

競馬は当てるために馬券を買うんじゃないんですよ。こう言うと驚かれるかもしれないで ...

 -Youtuber(ユーチューバー)