安田記念2011前走のツケを返す時がきた

      2017/06/13

Pocket

2011年の安田記念は、万馬券を生み出す穴馬を明らかにしたい。

武豊が乗れてない。馬群でレースをできないのは今まで強い馬に乗りすぎてきたツケだろうか。先行しては引っかかり差しては届かないという天才あるまじき騎乗が続いている。位置取りが重要になりつつある近代競馬において武豊の役割は終焉を迎えつつあるのかもしれない。これも競馬が変化し続けているからこそ起きてしまうことで仕方のないことだろう。

◎04.クレバートウショウ

前走の京王杯スプリングカップでは、鞍上の判断が遅く前が詰まり脚を余らせて終わった。負けはしたが、一戦ごとに壁を乗り越えており上昇がうかがえ今が充実期と思える。成長度>人気のうちは狙いをつけておきたい。

○01.ストロングリターン

スタートの出が良くなり折り合いにも進境を見せている。器用な競馬はできないタイプで速い流れになるG1でこその馬。

▲02.シルポート

マイラーズカップのように今回も単騎でスイスイ行けそうなメンツ。自分のペースで走れば簡単にはバテないだけに、あまりついて行きたくない東京競馬場はペース次第で残り目もあるはず。

△13

安田記念分析

アパパネ
前回より更に引き締まり、アウトラインは最近の中では最も良い。
馬体診断:★★★★★

エーシンフォワード
体つきが緩く一頃の力強さがない。気の抜けた表情なのもどうか。
馬体診断:★★

クレバートウショウ
フジキセキ産駒にしては非常に柔らかい体躯をしている。
風船のようにふっくらした体つきに充実感が表れている。
馬体診断:★★★★

コスモセンサー
柔らかみには欠けるが、クッキリした筋肉は非常に力強い。
今ならスプリントでも走れるのではないか。
馬体診断:★★★★

ショウワモダン
はっきり言って外観から見分けがつかない。
特に変わった様子はなくいつも通りに見える。
馬体診断:★★★

シルポート
コンスタントに使われても骨太で疲労感が見えない。
外観からダメージは感じられず好調キープ。
馬体診断:★★★★

ジョーカプチーノ
アバラがうっすら浮き上がりキッチリ仕上がった。
芦毛ででも黒い部分は艶やかで皮膚感も良い。
馬体診断:★★★★

ストロングリターン
使うと硬さが出てくるタイプだが体つきから許容範囲。
体に芯が入ってくれば更に良くなりそうな馬だ。
馬体診断:★★★★

スマイルジャック
相変わらず良く見せる馬で大きな変化はない。
馬体診断:★★★★

ダノンヨーヨー
一頃より硬さが前面に出て柔らか味に欠ける。
皮膚感は良いので体調自体に問題はない。
馬体診断:★★★

リアルインパクト
古馬と比べるとトモの弱さが目に付いてくる。
体はふっくらしていて体調は申し分ない。
馬体診断:★★★

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

激走馬の無料情報をツイッター公開!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2011