ヴィクトリアマイル2012革命を起こす穴馬

      2017/08/23

Pocket

2012年のヴィクトリアマイル予想は直前配信で変更を行ったので注意して頂きたい。

◎3.キョウワジャンヌ

芝刈り?と思われる馬場変化により再計算。
浮上したのが2,3,7,12,18番。
強く恩恵を受ける3番を重視。

○7.アパパネ
▲12.ホエールキャプチャ
△2、7

変更前

◎18.アスカトップレディ

1600m[1.1.4.1]の通り相手なりに走れる条件。
外優勢の馬場と立ち回り上手さで大外枠も不利にならず。
入れ替わりの激しいマイル路線だけに安定して走れる
のは強みになる。

○14.オールザットジャズ

ここ2戦は強い競馬で本格化がうかがえる。
マイル実績ないが前とは馬が変わっている点に期待。

▲07.アパパネ

昔ほどオンオフが利かなくなってきた感じはある。
それでも叩き2戦目で牝馬同士なら格好はつけるはず。

△3

ヴィクトリアマイル分析

アニメイトバイオ
使いつつアウトラインが締まって絞れてはいる。
ただ、全体的に筋肉が緩く張りに欠けており良化途上の感は否めない。
馬体診断:★★★

アパパネ
エリザベス女王杯の時と比べると柔軟性あふれる体つきで姿勢もしっかりしている。
アパパネにしては、腹線が綺麗なラインを描いており、太め感は全く感じさせない。
絞れているかは分からないが、体重が変動してなくても気にする必要はないだろう。
皮膚も薄く見せていて明らかに血色がいい。最近の中では間違いなく一番のデキ。

休み明けで走らないのは既に定番となっている。
叩き2戦目で一変するのも周知の通りで牝馬同士なら負ける要素の方が少ない。

ただ、過去にウオッカやブエナビスタといった強豪でも連覇は成し得ていない。
体調が変化しやすい牝馬だけにパドックまで十分に気を配っておきたい所だ。
馬体診断:★★★★★

アプリコットフィズ
少し力みはあるが、軸の安定した姿勢で雰囲気は良好。
皮膚感が良く、体重以上に体を大きく見せて体調は文句なし。
馬体診断:★★★★

オールザットジャズ
肩が立って少し窮屈な造りからマイル自体は問題ない。
ブライアンズタイム系のパワフルな筋肉が目立つだけに時計は掛かった方が良い。
馬体診断:★★★★

キョウワジャンヌ
細めに映るのは毎回のことで悪くないが、もっと体に厚みが欲しい。
胴もスラリと長く、そういった点から考えると中距離向きか。
馬体診断:★★★

クィーンズバーン
アウトラインはスペシャルウィークの相が出ているぶんダノンカモンより芝向き。
ただ、筋肉は牝系オジジアンの硬めの相が出ており時計には自ずと限界がありそうだ。
馬体診断:★★★★

ドナウブルー
前回が-16kgでの出走だったが、外観だけで見れば馬体は回復している。
多少アウトラインが緩く映るものの仕上がり早で問題はない。
馬体診断:★★★★

フミノイマージン
一頃より硬く見せるが、レースに行っての走りには影響ない様子。
この馬なりに順調に仕上がっていると見たい。
馬体診断:★★★★

ホエールキャプチャ
細く見せた前回が+14kgだったが、全く太くは見えず実になってない印象。
芦毛で良くは見せないとは言え、今回も細く映る仕上がりで半信半疑。
馬体診断:★★★

マルセリーナ
基本的に良く見せないので私的に判断が難しいタイプ。
まあ、冬よりかはいいとは思うけど皮膚感がいまいちピンとこない。
馬体診断:★★★

レディアルバローザ
アウトラインがしっかりして背中からトモにかけてのラインは完璧。
ムダ肉が一切なく硬さも見えない。外観だけなら昨年以上。
馬体診断:★★★★★

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2012