夏競馬が荒れて万馬券が飛び出しやすい理由を解説します

  

夏競馬は難しいからイヤだという人が結構います。それとは逆に配当がいいから好きという人もいるのは、資金力で立ち回れる人には合うからでしょう。

なぜ、夏競馬は配当が荒れやすいのか考察してみたいと思います。

データ的なミスマッチが起こりやすい

中央開催からローカルに変わることで引き起こされる典型的な変化は【小回りコースが中心になる】という点にあります。

小回りコースはコーナーのカーブがきつく上手に立ち回る競馬センスが求められるため経験値が低いと対応できないことも。

短い期間で競馬場が変わっていくこともあり、データ的なつながりが希薄になりがちなことも見逃せません。

蒸し暑く疲労がたまりやすい

日本の夏は蒸し暑いので気温が下がる夜になっても快適にはなりません。そのぶん疲労の蓄積が早くなるのは当然のこと。

冬であれば毛を増やして寒さに対応できるのが馬ですが、夏は人間が手をかけてあげないと環境の改善は見込めません。

近年は暑さが過酷になってきているため体調の変化が大きくなるのはやむを得ない状況にあります。

低レベルで似たような能力を持つレース構成が多くなる

低レベルなメンバー構成のレースは負ける理由がゴマンとあるため絞り込むことが難しいのが特徴です。

荒れるパターンで多いのは予想していたよりも低レベルだった時。下向きのレース予想は好走要因も他が走らないなどネガティブなものになるので難易度は上がります。

負け続けてきた馬が多いため根本的にやる気を失っていることもあります。そういうレースでは購入する買い目は多くて当然。

競馬におけるリスクヘッジは、負ける理由のある馬を極力買わないこと。もしくは、それ以上のメリットを確保できるか。

リターンの計算を十分にしておかないと難易度の割に配当が少ないという現象が起きやすい時期でもあります。

結論:夏競馬は買い要素の多いレースを選んで参戦しよう

混沌としやすい要素が詰まった夏競馬は難しくて当たり前。だからこそ、上手く見極めれば【儲かる時期】へと変えることもできます。

こういう混沌ではロボアドバイザーの強みが発揮されやすく買うべきでないレースを見極めるのは誰でもカンタンにできてしまう。

そもそもデータ的に不成立ということも多いため配信自体ないこともあります。

もともと公営ギャンブルの中では難易度が高い競馬ですし、その反面リターンが大きいからこそ選ばれてきました。

難しいからこそ自分の投資ルールを設定し厳格に守ることを意識しましょう。チャンスを待つ姿勢が幸運を呼び込みます。

たった一撃で人生を大きく変えた人たちを見てきました。そういう人たちは過去の自分を振り返り小さな失敗から教訓を得て手法を固めています。

本当の負けあるとするなら、それは何も学ばずに失敗を繰り返すこと。逆に負け続けても失敗から学びを得ようとする人は常にチャンスを手にします。

期待値の高いレースを探す前に自分の行動が期待値が高いもなのかを意識してみて下さい。あなた自身が損失を生み出している可能性は常にあります。

負けて自暴自棄になる人は大負けをします。なぜなら、今の世界では負け続けても死ぬことは基本ないからです。

確かに気分は最悪です。しかし、そこで飲まれているようでは、いつまでたっても自分の能力を発揮することはできません。

逆にそのことを意識している人は、致命的な失敗だけは回避しつつ小さな負けを教訓として成功につなげてきました。

発明王エジソンは失敗の天才でもあります。1万通りの成果がでない方法が分かる頃には、たった1つでも確実に勝つ方法が見えてきているはずです。

 -投資ノウハウ

error: 操作することができません!