第66回セントライト記念はカナロアの素質に注目

      2017/09/21

Pocket

JRA中央競馬は、10の競馬場と20の距離に分かれています。

これにより出走条件が変わりやすくなることでデータ分析の信頼性が下がってしまう。

そのことに対処しようとすれば1人で予想を行うことは時間が足りないと考えてきました。

しっかりとデータ分析に時間をかけるためには必然と作業を分担する必要があります。

そのためにクラウドを利用して作業効率を上げるようとシステム作りに時間をかけてきました。

こうした地道なプロセスを踏んでいくことでしか競馬で勝つ道はないと考えています。

中山11 セントライト記念

◎03.カナロア

人気の6番とは新馬で対決。レースは下手でも馬群
を割っての根性と脚で見事に先着している。
500万勝利したばかりでも完勝した相手は上のクラス
でも好勝負していた馬。高速馬場もイメージに合う。

○01.ベストディール

前走でも馬場を気にしていた印象で軽い馬場は合う。
弱さのある体質から使い込むより鉄砲が狙い目と見る。

▲12.フェノーメノ

中山2敗も持続力が生かせる外回りならの判断。
スッと動けないので枠も丁度良い所と言える。

阪神12 500万

◎07.ペガサスヒルズ

阪神に良績ないが平坦向きの印象はない。
1400mは得意だけに見直してみたい。

○13.ユウキマリアッチ

ワンペースなタイプで勝ちきれないが崩れない。
持ち時計はあるので流れに乗れれば。

×3,6,8,10,14

セントライト記念分析

アーデント

少しずつ芯がしっかりしてきて立ち姿は決して悪くない。
アウトラインから言えばトモに物足りなさは残るが現状では精一杯か。
評価:B 及第点

エタンダール

牝系の厚みが加わわり、キ甲の抜け具合から見ても外観は完成した印象。
筋力がついたぶん少し硬さが見られるが、線の細さがなく見映え十分。
評価:A 馬体完成

フェノーメノ

背中に力がついたことで余計な力が抜け、春よりリラックスした立ち姿に変わっている。
胴が伸びてバランスも良くなり成長具合が楽しみな一頭だ。
評価:A 背中良し

ベストディール

アウトラインはスッキリと仕上がっているが、芯の通りが物足らず姿勢が安定しない。
つやのある皮膚感から体調は良いが、ピリッとしてくるのはこれからだろう。
評価:B 水準級

ラウンドロビン

スケールのない馬体だが、全体を見れば良くまとまっている。
強調できる面はないが、自分の力だけはきちんと走るタイプ。
※回避の模様
評価:B 安定感十分

ラニカイツヨシ

中距離を走る馬にしては短背なのでピッチの利いた走りができる。
ただ、全体的に体躯が硬めに映るので高速馬場より時計が掛かる馬場がベスト。
評価:B 平行線

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - 競馬予想2012