新型コロナウイルスを甘くみるな!メディア洗脳で日本は破綻する

  

新型コロナウイルスがどういうものか全容が分からないのに風邪と大差ないというメディアのみならず政治家からの発言があるいい加減さにウンザリしている。

肺に深刻なダメージを負うという報告もある中で大したことがないと漢字の読めない政治家が口にする意図は何だろうか。

火事で警報が鳴った時に亡くなる人がいる。そういう人は、この警報は間違っているのではないかと考えるという。

こうした事例は挙げるとキリがないのだが、今回のウイルス騒動でもそういった傾向が見られるのはメディアや上の役人ばかり。

こういった点からも危機意識の軽薄さが透けて見えており、いかに意識レベルが低いかを実感せざるを得ない。

残念なことにメディアを鵜呑みにする層は一定数いる。あらゆる流行にメディアの影響力があるのだから致し方ないが意識しないと損ばかりすることになってしまう。

特に音楽を古い新しいと感じてしまう人はメディアの影響力が強く受けている。それにつけても日本のメディアはモノを言わなくなった。

ただ都合の良い事実を報じるだけの機関になり下がっている。日本ではジャーナリストは死滅しつつあると言っても過言ではないだろう。

お金をもらってポジショントークをする。これの繰り返しで社会的な影響力のない「朝まで生テレビ」のような番組が良い例と言えよう。

スポンサーが一番という姿勢なので都合の悪い情報は出さない。それが誇大妄想を加速させやすくしており、運が悪いとオウムの麻原のような人物を生み出す手伝いをしてしまう。

あの事件も大規模なものだったらどうなっていただろうか。都合の悪い事実を隠すことで社会を歪めてしまっている側面は少なからずあるだろう。

批判されたら意見を変えるというのはジャーナリストではない。ポジショントークな人には事実を伝えるという信念がないので良く見れいれば見分けがつく。

政治家もしかりだろう。本当に日本を良くしようとする考えが前提にあるのならば失言などしない。失言は痛い提言という信念があるからだ。

メディアは事実を語るよりも煽る方が利益になることも忘れてはならない。多くの人が目にすることにバイアスが働くからこそ間違った印象を与えることもある。

日本人はテレビを見なくなったと言われるが、その影響力は色濃く残り続けている。芸能人がユーチューブを始めれば、その爆発力は一般人の比ではない。

人は好意を持っていると意見を否定しづらくなる側面がある。自分の好きな芸能人が大丈夫と言ったから支持するなんてことはくれぐれもしないように。

特にテレビは政府にアンダーコントロールされやすい。それは新規参入できない格安な電波料がすべてを物語っていると言えよう。

だからこそメディアがだす情報には気をつけて見る必要がある。スマートニュースなどのアプリでまとめられている記事を鵜呑みにすることも非常にリスキーだと指摘しておきたい。

悪質競馬予想の詐欺対策

1
JRA-VANデータマイニングに価値はあるのか

JRA-VAN NEXTは、1日110円で利用できデータが豊富なことから、JRA ...

2
Youtube動画詐欺が流行る理由 - 情報弱者ビジネスの闇

Youtube動画の視聴者数が伸びており、これから懸念しなければいけないのが詐欺 ...

3
馬ログは詐欺誘導?@競馬予想口コミサイト検証

競馬予想の口コミサイト『馬ログ』は、不当表示による優良誤認させているのでは?とい ...

4
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

競走馬の能力を理解しない限り馬券効率は上げられない! あなたが競馬必勝法を創り上 ...

5
競馬初心者が最初に競馬予想を学んではいけない理由

競馬は当てるために馬券を買うんじゃないんですよ。こう言うと驚かれるかもしれないで ...

 -政治・経済

error: 貢献が必要です