レンタルなんもしない人が増えすぎ!?口コミ評判

  

レンタルなんもしない人とは、誰かいないといけない時にその場にいるだけの存在である。これに報酬を支払う人は少なくないようだ。

しかし、その手軽さ反面でレンタルされたい人が増えすぎたせいなのか金銭トラブルなどのリスクも急増している。

知り合った人のクレジットカード情報を盗み見られて勝手に決済されるなど良からぬことを企む人も少なくない。

ネットはスキマ産業を生み出すことに長けているが、その裏では個人情報を盗もうとする人も含まれている。

自分でサーバーを借りてブログを開設してみると分かるが、日常的にハッキングされることなど当たり前。それがネットの世界なのだ。

どうやって身を守るか、そこを考えた上で利用していかないとハイリスクを引き起こすことになるので注意したい。

もちろん相手の素性が分かっているなら問題ないが、それでも宗教の勧誘を受けたりという事例も報告されているようだ。

意外と宗教関連はアクティブな活動を見せることが多い。実際イオンで休憩していた時に「顕正会」の勧誘ビラを渡されたことがある。

その時は複数だったが1対1でも起こりうると考えていいだろう。さすがに後から複数に取り囲まれるなんてことはないだろうが…

保険のセールスなど生きた個人情報を買い取りたい人も少なくない。無報酬だとしても完全に安心できるわけではないと考えておくべきだ。

世の中に存在するWEBサイトのうち一般的なインターネット利用ユーザーが検索エンジンからアクセスできる領域は「サーフェイスウェブ」と呼ばれいる。

この領域はたった4%に過ぎず、残りは検索エンジンではたどりつけない。そこは「ディープウェブ」と呼ばれ個人やカード情報が売買されている。

特別な方法でしかアクセスできないため普通に利用している人ほど知らないだろう。そういった脅威が取り巻いていることを念頭に入れておきたい。

つまり、ネットを使うことは9割の悪意を引き寄せるという見方もできる。特に個人間の取引において利用する時は注意したいポイントだ。

 -レビュー口コミ評判