第46回 札幌記念はフィールドベアーで山籠もり成果を発揮する

      2017/06/06

Pocket

札幌記念

あなたの競馬予想は正しいですか?競馬新聞やJRA-VANを利用して予想する。これは正しいことのように刷り込まれてきましたが他に方法はないのでしょうか?これ以外に方法がないと競馬で勝つための優位性を生み出すことが難しくなる。偉大な投資家は口を揃えてこう言っています。自分だけの優位性だけが大きな利益をもたらすと。

なぜ1つの競馬予想に縛られてしまうのでしょうか。それが正しいかも分からないのに。それ以外しか方法がないと言う人がいます。それは本当でしょうか。皿の拭き方でさえ100以上の方法があるというのに競馬予想は1つしかないって。その思いは痛いほど分かりますが、きちんとしたデータ分析をもとに予想するのなら可能性は一気に拡大していきます。

競馬予想の8割を占めるデータ分析は、あらゆるファクター分析に基いているコアと呼べるもの。なぜ万馬券のような高配当がもたらされるのか。それは、あらゆるファクターのうちの幾つかが偏った時にもたらされるのです。ですから、その偏った結果に網を張って待つことで高配当を得るチャンスを引き上げることができます。

◎07.フィールドベアー

近2走は小回りの外枠を引きロスの大きい競馬だった。
いずれも最後は詰め寄っており力不足という印象はない。
今回の4枠7番なら幾らかマシで持ち時計から巻き返す余地はある。
4走前のような持続力を生かした早めの競馬が理想。

○01.マイネルスターリー

前走が時計、勝ちっぷり共に文句なしの完勝。
最内枠でのさばきが課題だが、スムーズならここでも格負けすることはない。

▲06.アーネストリー

札幌に勝ち鞍はあるが、鉄砲で唯一の馬券外になったコースでもある。
ただ、本格化前の話であり今の充実ぶりなら大崩れはなさそうだ。

×3,5,8,16

札幌記念分析

アクシオン
雰囲気は宝塚記念の時に似ているが、今回の方が緩い仕上がり。
背中に力がなく頼りない姿勢で仕上がり途上と言わざるを得ない。
目の回りが黒っぽくなっており夏負けしていないか気になる所だ。

アーネストリー
ズッシリと重量感のあるタイプだが、今回はやけにスッキリして見える。
しかし、筋肉はメリハリの利いた造りをしており細い感じはしない。
アバラが浮き無駄肉のない仕上げから陣営の意気込みが垣間見える。

シャドウゲイト
特に変わった印象はなく良い意味での平行線だろう。

ジャミール
相変わらず筋肉質で無駄なくスカッと見せる馬。
仕上がり早で上積みはないが、前走同様の高いレベルを維持している。

ヒルノダムール
春より無駄肉が削ぎ落とされ質の良い筋肉だけが残っている。
父のマンハッタンカフェと立ち姿勢が似てきて順調な成長がうかがえる。
よく乗り込まれていて状態は申し分ない。

マイネルキッツ
元来スッキリ見せるタイプなので仕上がりは早いタイプ。
おっとりしたタイプなので気合い乗りの方に見るべきポイントを置きたい。

マイネルスターリー
カチッとした筋肉質タイプで蹄まで力を感じさせる。
それだけに柔らかいアクションができないため洋芝の方が合うのだろう。

ロジユニヴァース
ここで使えるということは状態面がいい証拠で馬体も久々に良いと思える。
3歳時の柔らか味が消え硬めに映るが、重い洋芝なら影響は少ないだろう。
このデキで走れないようだと先々の見通しは暗くなる。

相馬師:マキバオー

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - 競馬予想2010