第19回プロキオンステークスの好走馬をチェックしよう

      2017/02/23

Pocket

中京競馬場ダート1400mで行われるプロキオンステークスをチェックしていきます。

プロキオンS出走馬分析

出走予定馬も含まれています。

ベストウォーリア

筋肉が付くにつれスピード馬らしい体形に変化してきた。そのぶん硬さも出てきた印象で1400mぐらいが合っていそうな馬体イメージ。薄く見せた皮膚は冴え渡っており、これなら人気馬の仕事をしてくれそうだ。不利を受けない外めの枠が欲しいところ。
仕上がり:★★★★★ 

シルクフォーチュン

今までになく一回り体が絞れている印象でスッキリと軽快さを感じさせる仕上がり。とても8歳馬とは思えない若々しい馬体で衰えは微塵も感じさせない。久々でも狙って仕上げてきた感がありパーフェクトな仕上がりで臨める。
仕上がり:★★★★★ 

ノーザンリバー

ポツンポツンと使われてきているため良い意味で平行線のデキも高いレベルで維持できている様子。前駆が強いタイプながら背がゆったりしているため、斤量58kgは少し気になるところ。力はあるので前半スムーズに位置を取っていければ力は出せそうだが。
仕上がり:★★★★☆ 

キョウワダッフィー

パワフルな体つきでキングカメハメハ産駒らしい馬体の持ち主。バネを感じさせる四肢から芝でも走れそうなイメージ。その点から言えばダートであれば締まった馬場の方が持ち味が生かせるのかも知れない。安定感のある体躯バランスを誇っており大崩れのない成績なのも納得できる。
仕上がり:★★★★☆ 

ゴールスキー

近走の地方では結果を残せていないが、以前は芝を走っていた馬だけに粘土の高いダートは向かないのだろう。そういった点から地方より中央競馬の方が向いたタイプと言えそうだ。デキは良い意味で変わらず平行線。
仕上がり:★★★★☆ 

ダノンカモン

前走が大敗だけに衰えが気になるが馬体の雰囲気は悪くない。全盛期のオーラはないが何とか踏みとどまっている印象を受けるだけに賞味期限は長くなさそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2014