競馬で勝ちたいのなら、さっさと負けた方がいい

      2017/10/25

Pocket

競馬は負けから逆転を狙うゲームなのに誰も受け入れようとしない。

負けて当たり前だからこそ勝ちにこだわるのだろうが結局のところ時間をムダにするだけだ。競馬は負けやすいことを早く受け入れて負けないための準備を始める方が勝ちへの最短距離になる。

なぜなら、あまりに勝ち急ぐ人ほど競馬というものを分かってないからだ。ただ、馬券を当てて利益が生まれればいいと考えている。

そんな人は、どうしても目先の利益につられ当てることに夢中になる。そして、1番人気馬から穴馬まで流すような平気で負ける買い方を続けてしまう。

それで競馬で勝てないと言われても「そりゃそうだろ!」というほかない。当たる馬券は必要以上に買われており回収効率で成否が決まってくる。だらだらと流して買うような馬券では偶然でしか利益は生まれてこない。

競馬は当てることを考えれば回収率が下がり、利益を重視すれば的中率が下がる傾向がある。

その間のバランスを突こうとする人は、どちらのデメリットも引き継ぐことになるため相当な実力がなければ酷いことになる。もしメリットだけ享受できる自信がある人は頑張ってみて欲しい。

まず競馬でやらなければいけないのは長期的に勝てる馬券を確立することである。とりあえず何が何でもこれを達成しなければ次のステップへ移ることができない。

たとえ理想的でなくても的中率1%だったとしてもまずは勝つこと。プラスにさえなれば収益の拡大化へとテーマを移すことができる。

実のところ年間で使う資金が分かっていれば的中率が問題になることはない。それを問題視している人は、さきほど書いた目先の利益を追っている人たちだけだ。

どうしても負けを友とすることができない性格なら競馬で勝つチャンスは少なくなる。さっさと寝て忘れて何もしない人にどうして挽回のチャンスが生まれるというのか。

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 投資競馬