これに気づいた人から競馬で常勝してしまう1つのこと

  

投資で最もカンタンに勝てるのは何か?それは競馬だ。なぜなら、ある程度予想することができるからだ。

ただ、その予想できることが上手く活用できていなければ結果が伴うことはない。

ほとんどの人は予想をしていない

私は予想していると勘違いしている人が多い。最も象徴的で分かりやすいのが「サイン馬券」だ。

こんなものはとてもじゃないが予想とは呼べない。ただ、競馬の見方に特定のバイアスを通して見ているだけ。

ある程度の知名度がある予想家を含めて、一般的な人が行っている予想も本当の意味で予想ではない。

単なるデータ比較をそう呼んでいるだけだ。だから、分かりやすい人気馬以外を知覚することはいつまで経ってもできない。

誰でも強い馬の走りはイメージできるが、それ以外となると無理してそれっぽい馬に理屈を並べているだけだ。

そうなってしまう理由は、競走馬の能力を理解していないから。競走馬の能力がどう変化しているのか、把握している人がどれだけいるだろうか。

どんなに馬柱とにらめっこしても分かることは強い馬のことだけ。その強い馬も意外と勝たないからこそギャンブルと言われてしまうわけだ。

競馬を投資にするために必要なことはたった1つ。それは、競走馬の能力変化データを手に入れることだ。

競馬にビッグデータはないので完璧にいかないが、それでも5割ほどリンクする所があれば十分な利益をだすことができる。

結局は相対的に他の人を上回れば問題ないわけで、その点を考慮すれば、たった1~2割でも長期的には確実に上回ることができてしまう。

ただ、高いレベルで情報工学の知識は必須になる。競馬のデータは一見矛盾しているので馬柱にあるような生データは使えない。

予想力の強化はデータ分析力の強化とリンクする

競馬新聞とにらめっこしたところで大した予想は期待できない。本当のところ、そんな予想に限界を感じている人の方が多いのではないだろうか。

十分にデータがないのだから分からなくて当然である。予想力を向上させる唯一の手段はデータ分岐力を強化すること。

普通の人には不可能かもしれない。私たちのようなデータ分析専門家でも研究が必須なのだから当然だろう。

特に新聞を見ても穴馬なんて分かるわけないので時間のムダだ。普通の人は1~3番人気で利益がでるように立ち回るのが最も効率がいい。

うまく立ち回れば戦略次第で利益を生むことができる。年金で馬券を買っている層を上回ることは決して難しいことではない。

8割は勝ったり負けたりしつつも自分なりの利益ポイントが分かってくれば最終的には勝ち上がることができるだろう。

競馬で人生を変えるような高配当を獲りたいのなら、自分なりにデータの分析法を開発するか、専門家と仲良くするのが賢明だ。

一番重要なのは自分の力量を知っておくこと。それ以上のことをやりたがる人から負けていく。これだけは間違いない真理である。

東大生でも負けるゲームを努力もしない一般人が勝つことは難しい。最低でも自分の知り責任を負うことくらいは心掛けたいものだ。

 -投資ノウハウ