第50回 小倉記念で勝ち名乗りを上げる馬

      2017/02/23

小倉競馬場の芝2000mで行われる重賞レースの小倉記念をチェックしていきます。

小倉記念出走馬分析

出走予定馬も含まれています。

メイショウナルト

気性が悪くセン馬になったハーツクライ産駒。七夕賞はマイナス10kgと絞れ一変したように冬場は絞りづらい様子。そういった意味で夏場が合うと言えるのだろう。細くなった印象は全くなく毛づやも良いことから引き続き好状態でレースに出走できそうだ。ムラのある気性でアテにしづらいもののデキに関しては問題ない。
仕上がり:★★★★☆ 

ニューダイナスティ

逃げるディープインパクト産駒ゆったりとした馬体や構えから長めの距離が使われていたが、前走の七夕賞で持続力を生かせる中距離の流れに対応できたのは収穫だった。ディープインパクト産駒にしては四肢がしっかりした立ち姿でタフそうなイメージがある。デキは引き続き良さそうに思える。
仕上がり:★★★★☆ 

マーティンボロ

ヴィルシーナが近親いにる最近の活躍血統。3月に10番人気で勝った中日新聞杯から間隔はあいたが、しっかり乗り込まれていたようで太め感のない仕上がりとなっている。ゆったりと見せる馬体や姿勢から距離は伸びて行っても対応できそうだ。骨格はしっかりしたタイプでディープインパクト産駒にしては非力感は感じられない。
仕上がり:★★★★☆ 

サトノノブレス

G2レースなら安定して走るディープインパクト産駒。天皇賞(春)と比べて少し緩い仕上げのように感じられるが太め感はなく出走態勢は整っているように思える。中距離は久々になるが背中に強さが感じられる今なら対応可能だろう。実戦経験の乏しい小回りコースだけに上手く対応できればというところか。
仕上がり:★★★☆☆ 

ラストインパクト

堅実に走るもののG1レース手が届いていないディープインパクト産駒。馬体の張りはイマイチな印象も仕上がり早の馬でアウトラインはスカッと太め感のない仕上がりとなっている。気性で走るタイプなのでパドックでの気配が良ければ久々でも問題ないだろう。綺麗なトビから良馬場が理想も繋ぎの傾斜は理想的で湿った馬場ならこなせる範囲と思える。
仕上がり:★★★☆☆ 

ダコール

少しずつ成長しているディープインパクト産駒で使ったダメージもなく昨年同様に良い状態で出走できる。相変わらず詰めが甘く進歩が見られないのが残念な馬。前駆や繋ぎの強さから雨馬場は問題なく、他が苦にするぶんチャンスはあるのかも知れない。内枠でも引いて雨上がりの馬場をロスなく回れればといったところか。
仕上がり:★★★★☆ 

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - 競馬予想2014