第57回 神戸新聞杯はシェーンヴァルトで競馬貯金する

      2017/05/24

阪神競馬場の芝2400mで行われる神戸新聞杯を狙い打つ!

菊花賞トライアルとして機能しており直結するレース。基本的にはクラシック実績馬が人気の中心になるが、ここで台頭してくる上がり馬の存在も忘れてはならない。新旧いりまじっての戦いになるからこそ菊花賞に向けて重要なステップレースになる。実力通りに決まると評価の高いコースで行われるだけに神戸新聞杯の勝ち馬には注目しておきたい。

サンデーサイレンス系の血統中心もグレイソヴリンが併合されている競走馬がよく走っている。キレの良い瞬発力だけでなくスタミナも必要になるため同じ距離で行われる日本ダービーとの親和性が高い。逃げ先行が決まることがあれば差し決着になることもあるが基本的に実績中心に考えていいだろう。そこに予想オッズやらデータ傾向を加味して考えていきたい。

神戸新聞杯

極限のスピードを求められた皐月賞と、不良馬場で極限のタフさを求められた日本ダービーは対極にあるレースと言えた。
そのどちらでも好走しバランスの良さを見せ付けたシェーンヴァルトが狙いの激走穴馬。前走は内枠を引き揉まれる競馬で惨敗。今回は大外枠を引き揉まれる心配がなくなったのはプラス。器用さがないのはネックだが、実力からしたら勝ちはなくても馬券内なら十分可能性はある。

自分のペースでレースができるリーチザクラウンが相手。
展開がきつくなる要素がなく自分の競馬をすれば結果はついてくるだろう。

◎シェーンヴァルト
○リーチザクラウン
▲アントニオバローズ

ワイド:◎→○△各5,000円

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - 競馬予想2009