第45回 北九州記念シャウトラインで雄叫びをあげる

      2017/05/24

Pocket

夏のスプリンターを決める北九州記念を攻略していく。

よく競馬予想にはセンスが必要と言われている。私は馬券センスのない人間であるが2年以上プラス収支であることを証明してきた。ついでに言えば運もないので完全に実力で獲れる馬券を意識して狙うことにしている。つまり、競馬予想のセンスがないと自覚している人は単純に実力不足であると認識した方がいい。

まるで先天的な素養が競馬の勝ち負けを決めると言いたいのだろうか。それよりもセンスやツキが影響しない圧倒的な実力を身につけるために何が必要なのかを考える方が前向きである。たかだが競馬予想法の1つがダメだからと言って自分自身の能力を疑う必要なんてない。それがダメなら他の方法を試して馬券に勝つことを考えればいいだけだ。

一番ダメなのは全てをセンスのせいにして何の努力もしない人間である。こういう進歩することをやめる人間になれば人生を詰むことになってしまう。なんのセンスがなくても適性があることは必ずある。それは競馬の奥深さであり面白いところである。中卒が東大生に勝つことができる醍醐味を味わうためにも努力は欠かさず習慣化できるまで頑張って欲しい。

◎14.シャウトライン

前走は追っ付けながらも最後までしぶとく伸びていた。
持ち時計を詰めての0.3秒差の負けなら前向きに評価したい。
距離延長、3勝の小倉に替わるのはプラスで再度狙う。

○08.デグラーティア

前走は勝ちっぷりが良く時計も優秀。
小倉3戦3勝の巧者ぶりを信頼したい。

▲10.レディルージュ

相手なりに走るし鉄砲OKの馬。
人気が下がった時に抑えたいタイプ。

×4,6,13,17

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - 競馬予想2010