競馬予想はランキング思考で回収率がアップする

  

競馬予想で負ける人の多くが「信頼できるか」「確実性が高いか」に価値を置いていますが間違っています。

そもそも競走馬が信用に足る生き物でしょうか?その生き物の走りを予想することに確実性が伴うのでしょうか?

もちろん、どちらも「ノー」なのですが、そう考えることができない人であふれてますよね。

いや、私は相馬眼に自信があって牧場にいる頃から確実性の高い馬を見抜くことができるんだという人にはあてはまらないかも。

それができないと自覚している人なら「信頼」と「確実性」という視点は絶対に負けるキラーワードにしかなりません。

現実を無視した「ないものねだり」であり、それを求めることは子供がおもちゃコーナーで騒いでいるようなもの。

あの人は信頼できるか、私に利益をもたらす確実性は高いか。このような考えに確かな正答は存在しないのです。

20数年来の長く深い付き合いでも裏切られない保証はどこにもないのですから。

わざわざ、そんな自ら負けにいくような考え方をしないで下さい。もっとシンプルに利益に結びつく考え方があるのですから。

それは、競走馬などの対象を「価値とリスク」という視点で捉えること。投資法で言えば「バリュー投資」の考え方になります。

たとえば、仮想通貨の初期は「怪しい」「詐欺だ」という声が絶えませんでした。今までにないもので理解できなかったからです。

しかし、理解できなくても「価値とリスク」という視点でみれば「買い」であることがすぐに分かるようになります。

仮想通貨の初期なら価格も安く損しても大した痛手はない。それに対して価値が認識され広まった時のこと考えれば買うしかないというわけです。

マイニングをすれば無料でも手に入れることができたビットコインを軽視してきた人たちは相対的に大損したと言えるのではないでしょうか。

実は初期の仮想通貨を「信頼できるか」「確実性が高いか」で判断する人ほど損をしていた。ある意味これは投資の原則と言えるのかもしれません。

競馬予想で回収率を上げたいのなら競走馬の能力とオッズの乖離から「価値とリスク」を見極め出走馬をランキング化していくこと。

競馬新聞やJRA-VANの汎用ツールではできなくても投資競馬のレースレーティングを利用すれば相対的な優位性を持って馬券を買うことができます。

その優位性は長期的な価値をもたらすため長くやればやるほど差は顕著となり実感できるものになるでしょう。

あなたが利益あふれる人生を送りたいのなら今すぐ「信頼できるか」「確実性が高いか」という見方は捨てて下さい。

それは利益どころかマイナスしかもたらさない「悪魔の思考」であり、その考え方に捉われいると人生は不幸の永久ループにハマりこむかもしれません。

 -投資ノウハウ