第50回 函館記念のパドックチェック

      2017/02/23

Pocket

函館競馬場の芝2000mで行われる重賞レース函館記念をチェックしていきます。

函館記念出走馬分析

出走予定馬も含まれています。

ダークシャドウ

馬体は変わらず良く立ち姿もしっかりしている。ただ、最近はムラっ気がでてきて気にいらないことがあると走らなくなっている。そういった点から馬場は良い方がいいだろう。
仕上がり:★★★★☆ 

バウンスシャッセ

体形的に太く見せるタイプも緩んだ印象はなく走れるデキにある。牝馬にしては骨格がしっかりした馬で時計の掛かる洋芝は合っていそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

ナカヤマナイト

近走はダートを使ったりと迷走しているが、背中の感じは悪くなく立ち姿もしっかりしている。気力で走るステイゴールド産駒なので精神的な部分の影響が大だろう。パドックではうるさいぐらいの気合いが欲しいところ。
仕上がり:★★★★☆ 

アンコイルド

最近は気性が落ち着いてきたのか、ゆったりと構えてリラックスした姿勢を見せている。今の感じなら距離は伸びていった方が良いのかも知れない。
仕上がり:★★★★☆ 

トウカイパラダイス

特に変わったところもなく良い意味で平行線。レースでは余力を残して走っている感もあり、そのぶん状態は安定するのだろう。ポテンシャルは高いだけにレースに集中できればというところ。
仕上がり:★★★★☆ 

グランデッツァ

アグネスタキオン産駒にしては、首や胸前が力強いタイプだけに洋芝は合っている。脚下の心配はあるが毛づやは冴えわたっており体調は申し分ない。
仕上がり:★★★★☆ 

アドマイヤタイシ

叩かれつつ余計な脂肪が取れてきて軌道に乗ってきた感がある。重賞で8戦2着6回と勝ててないが、そろそろ順番が回ってきても良さそうだ。
仕上がり:★★★★☆ 

ラブイズブーシェ

少し背中に緩さを残しているのが気がかりもシルエットは悪くない。少しだらっと走ることもあり距離は長めの方が合っているのかも知れない。
仕上がり:★★★☆☆ 

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2014