第49回 函館記念はコスモネモシンで攻める

      2017/02/23

Pocket

函館11 函館記念

正確性を期すためレース発走10分前までに公開されます。

推奨軸馬

8.トウケイヘイロー
前走は掛かり気味ながらも直線まで脚は衰えない完勝ぶり。
底を見せるまでは買わざるを得ない。

10.トウカイパラダイス
距離より気性の問題面が大きい。スローだと位置取りが下がる馬。
ここはハイに近いラップを想定しているので中団ぐらいでいける見込み。

指定穴馬

12.コスモネモシン
近走の負けは、増減を繰り返す馬体重の影響だけでなく騎手変更が仇になった感がある。
テン乗り柴田大知と久々の和田竜二は、折り合いがついたため前に行くも見所は全くなし。
タメてこその馬という印象で、差しに戻した2走前はスローに泣いたが同情できる負け方だった。
乗り慣れた丹内に戻ればセオリーの競馬で持ち味を生かす競馬に徹するはず。
小回りは得意で衰えなければ恵まれたハンデを背に快走しても可笑しくない。

最終決断

ワイド:8?12(2000円)、10?12(2000円)

函館記念 出走馬診断

■評価尺度:良 S ⇔ D 悪

エアラグーン

父ジャングルポケット 母エアラグーン(サンデーサイレンス)
胴がゆったりして緩さを残しているが少しずつ良くなっている。
気性が良くなってくれば距離を伸ばして良さがでてきそうだ。

評価:A 順調

トウケイヘイロー

父ゴールドヘイロー 母ダンスクィーン(ミルジョージ)
骨格がしっかりしたタイプで外観からの反動は見られない。
元気があれば問題ないタイプ

評価:A 順調

レインボーダリア

父ブライアンズタイム 母アローム(ノーザンテースト)
しっとりした皮膚感に柔らかい筋肉にがまとわりついて今季ベストの外観。
厚い時期が合っている馬なのかも知れない。

評価:S パーフェクト

サトノギャラント

父シンボリクリスエス 母スティンガー(サンデーサイレンス)
まだ全体的にパンとしてこない所はあるが良くなりつつある。
ゆったりとした構えから距離は伸びても平気だろう。

評価:A 順調

アンコイルド

父ジャイアンツコーズウェイ 母タンザニア(アルザオ)
春に比べアバラがくっきりでており、一回り以上小さく見え体が寂しい。
毛づやは悪くはないが暑い時期はあまり良くないのかも!?

評価:C 上積み疑問

コスモネモシン

父ゼンノロブロイ 母デュブレ(シングスピール)
前回を使って筋肉は引き締まったが全体的に重め感が残る。
キ甲のまわりは厚みが残っており一絞りしたい体つき。

評価:B まだ太め

トウカイパラダイス

父ゴールドアリュール 母トウカイミヤビ(マルゼンスキー)
アウトラインはスカッとして太め感のない仕上がり。
逆に一回り筋肉がついてきても良いぐらいでデキは問題ない。

評価:A 水準以上

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

激走馬の無料情報をツイッター公開!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2013