日本ダービー(東京優駿)2012ほれ込んだ逸材を狙う

      2017/08/23

Pocket

2012年の日本ダービー(東京優駿)予想で高配当を生み出す穴馬ロジックを公開する。

◎04.ジャスタウェイ

体形だけで見れば胴長のステイヤー体形でマイル走ってたのが不思議なくらい。
馬体は順調に成長しており一気の距離延長は体形から見れば魅力的である。
きさらぎ賞のように中途半端な位置で競馬をすると伸び切れず、折り合い面から
見ても後方一気スタイルがベスト。超絶スローもありえるメンバーだけに決め手
勝負になれば見劣らない。

○06.ゴールドシップ

鞍上がクセを理解して完全に手の内に入れている印象。距離は伸びるほど良い。

▲08.ワールドエース

前走は能力だけできた2着。勝つには鞍上の一工夫が必要になる。

投資競馬は強い意志が成功に導く

せっかくプラス収支に達しても投資競馬をやめる人はでてきます。

それは、つねに不安と恐怖にさらされるストレスと向き合えないからです。

特に日本人にはDNAで不安を感じやすいことがすでに証明されています。

不安遺伝子がないロシア人は命綱なしで超高層ビルに立つことを楽しむことができる。

そういった民族としての特性の違いに触れないわけにはいきません。

やはり、投資で成功するタイプというのは不安が少ないタイプと統計により明らかになっているからです。

しかし、これらの要因は基本的に無理をしなければ表面化せずつきあっていくことは十分可能です。

アインシュタインが人類最大の発見といった複利の力を使えば大きなリスクを背負わずに済む。

投資競馬の良いところは少ない資産から始めることができる点にあります。

投資家としてステップアップにしていくのに競馬という題材は適しています。

あの著名な投資家ウォーレン・バフェットは競馬新聞を発行して予想していたように、そのまま株式投資へとスムーズに移行していけるのが魅力でしょう。

100円から馬券を買えるわけですから小さいリスクで投資を学ぶことができる。

株式の投資家で全財産を失った人に共通しているのは、それまでに投資経験が全くなかったこと。

いきなり全財産を動かすなんて無謀もいいところ。まずはしっかり足場を固めていく必要があります。

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2012