セントウルステークス

      2017/02/23

セントウルステークスは、阪神競馬場の芝1200mで行われる重賞レース。スプリンターズステークスの前哨戦として位置づけられるG2レースでG1馬の出走が多い。このレースで好走してきた馬は本番で好走できるか指標としての役目を担っている。この重要なレースを7年の公開予想でプラスにしてきた競馬理論からしっかりとした結論を導きだしたいと考えているので期待して欲しい。

近走の好走馬を狙え!

過去2走以内に重賞で好走していた馬の馬券圏内率は高く上がり馬と実績馬がぶつかるハイレベルなレースらしい傾向が見てとれる。調子の悪い馬の立ち直りよりも好調馬の勢いに期待するべきだろう。特に馬券の中心に考えるなら近2走で実績のいい馬を選ぶのがセオリーと言える。

1?2番人気が中心

グレードG2のハイレベルなレースらしく1?2番人気は順当な成績を収めている。その点からあまり配当の期待できない重賞レースではあるが実績馬から手堅く馬券を当てることを考えた方が良さそうだ。上記データ傾向と併せて狙っていくべき馬の基本ポイントとして抑えておきたい。

セントウルステークスまとめ

混迷を極めるスプリント路線に絶対王者の気配はない。ヴィクトリアマイルで念願のG1レース制覇を成し遂げたストレイトガールが勢いでスプリントを制するか。それとも主役になりきれないハクサンムーンが再度G1レース制覇に向けて好発進するのか。スプリンターズステークスに繋がるセントウルステークスを分析していきたい。

上がり馬と言えばディープインパクト産駒のウリウリ。スプリント路線に切り替えてすぎにCBC賞を勝ち念願の重賞ウイナーになった。まだ実績では劣るものの底を見せていない魅力に溢れている。予想オッズでは高い支持を得られそうなだけに妙味はないが、ここを勝てば堂々とG1獲りに名乗りを挙げることになる。

スピードでは、やはりハクサンムーンが一歩リードという印象。下手にペースを落とすより速いラップを刻むことで有力牝馬の末脚を少しでも削ぎ落としたいところだろう。近走で番手の競馬を覚えているが、そのことが裏目にでる可能性も少なくなさそうだ。

そろそろ復活をと思うが芦毛の牝馬リトルゲルダ。昨年このレースでハクサンムーンを打ち負かしG1レースに殴り込もうという所で調子を崩してしまった。その後はダメージから回復しきれない競馬が続くが状態が戻れば侮れない一頭になる。どこまで調子を上げてこれるか最終追い切りでしっかりチェックしたい。

他に伏兵が潜む可能性があるのか微妙な印象も7年プラスの独自技術でズバリと特定。他にも予想に役立つ馬体診断や追い切り評価もしているので参考にしてみて欲しい。あなたの未来に希望をもたらす激走の華を咲かせたいように思う。

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - 競馬予想2016