第24回セントウルステークスはショウナンカザンで配当が大噴火

      2017/05/25

Pocket

阪神11 セントウルステークス

いまだに競馬新聞やJRA-VANを使って似たような競馬予想をしている人たちが大勢います。そして似たような結論に近づくのですから、この部分は誰かに代行してもらえば安く済むのではないでしょうか。そう考えて投資競馬の予想代行としてkeibasite.comを育ててきたわけですが認知されるまでには至っていません。

みんなそんなに時間をかけて予想したいのでしょうか。それとも他の手段を知らないだけでしょうか。おそらく後者の方だと思うので目の覚めるような高配当で興味を惹きつけられたらと思っています。

◎10.ショウナンカザン

前走は速い流れを捕まえに行く一枚上の強者がする競馬で6着。
負けたと言っても0.3秒差で踏み止まった点は評価できる。
芝が生え揃った開幕週の馬場がベストで開幕週の競馬はプラス。
不調になる以前は実績馬とも小差の競馬を演じていた馬。
調子は右上がりと見てオッズが下がる前に狙い撃ちする。

○13.ヘッドライナー

坂に実績ないがダメだった時は平坦でも惨敗のタイプ。
馬体を見る限り腰に甘さはなく過剰反応しなくていいだろう。
鉄砲不問。前走の負かした相手2頭が重賞勝ちと地力は上位。

▲14.ショウナンアルバ

元々は重賞馬ながら自己条件を彷徨い続けた珍しい馬。
1200mまで距離短縮してやっと燃えすぎる気性がプラスへ転じた。
高速馬場を外からアッサリだった前走から開幕週でも。

×1,5,9,16

セントウルステークス分析

キンシャサノキセキ
肌の血色が良くアウトラインも引き締まっていてスカッとした仕上がり。
四肢に力が入り筋肉に力がみなぎっている。不安な点は見当たらない。

サンダルフォン
緩みの見えた馬体も一度使って引き締まり順当な良化が見込める。
順調そのもので言うことはない。

スカイノダン
体格以上に大きく見せる馬体から成績通りの充実度を示している。
背中がしっかりしてきて走りが安定してきたのが大きい。

タマモナイスプレイ
重心の低い前傾姿勢からタメの利かないワンペース型。
どの距離を走るにしても自分のペースで走れるかがカギになる。

ダッシャーゴーゴー
一夏を越しての成長により筋肉が強化されパワフルな体つきになった。
今ならダートの方が合いそうで芝だと力の入る馬場がいいだろう。

ヘッドライナー
久々にしては無駄肉がなく書いてある通り乗り込み量が十分なのだろう。
血色の良い皮膚から体調も不安なく力を発揮できそうだ。

メリッサ
牝馬らしく線は細いが筋肉の盛り上がりを見る限り細化の心配はない。
柔らか味が保たれており引き続き好調な印象を受ける。

相馬師:マキバオー

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2010