第51回 CBC賞はウリウリでは間に合わないのか

      2017/02/23

Pocket

初スプリントになるディープインパクト産駒ウリウリが予想オッズでは1番人気となっている。1200mのスプリントレース初参戦となるが対応できる下地はありそうだ。

中京競馬場で行われるCBC賞はテンが速くならない傾向にある。スプリントレースとしての登竜門としては最適である。また、ウリウリ自身が競馬センスが良いため流れに戸惑う可能性が低いことが挙げられる。むしろ1400m適性のある馬が勝っているだけに距離について神経質になる必要は感じられない。

CBC賞2015の予想は当日にアップ予定です。

低調なスプリント路線だけに新星を渇望しての人気ということもあるが、それに応えるだけの資質は持ち合わせている。中京競馬場での勝ち鞍もあり勝ちっぷり次第ではスプリンターズステークスでも期待が高まってくる。

激走穴馬トーホウアマポーラ

リズムに乗り切れなかった高松宮記念でも最後まで諦めずに走っていた。精神面での復調が感じられ、昨年に重賞レースを勝った舞台で復活を期待する。

CBC賞ハンデの傾向

重い斤量の馬、つまり実績馬を重視していいレースと考えて良さそうだ。

負担重量がハンデキャップで行われた過去9年のCBC賞の負担重量別成績を調べると、全体的に見て好成績を挙げているのは「55キロ以上」の馬で、「58キロ以上」の馬が3着内率50.0%と好結果を残している。一方、「54キロ以下」で勝利したのは、昨年のトーホウアマポーラ(牝馬、53キロ)だけ。「52キロ」の馬が2着に2頭入っているが、この2頭は単勝5番人気以下の3歳牡馬だった。(引用元:JRA

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

激走馬の無料情報をツイッター公開!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2015