阪神牝馬ステークスまとめ

      2017/10/12

2009年 阪神牝馬ステークスで狙う穴馬はこれだ!

ピエナビーナス
自己条件という身で重賞初挑戦と状況は厳しいものの、4走前に外を通りながらファリダット相手に0.2秒差の堂々たる内容であった。
近走の内容も悪い内容ではなく、混戦の牝馬戦ならオッズほど能力差はないと見る。人気は全くないが、一叩きされ速い流れが見込める今回は無欲の一発を夢見たい。

人気が予想されるポルトフィーノは、やや過剰人気とも思えるが自己条件の勝ちっぷりから見ると重賞の方がレースはしやすいそう。前走の落馬ダメージがなければアッサリ勝っても不思議のない馬だろう。

◎14.ピエナビーナス
○16.ポルトフィーノ
▲15.オディール
△05.サワヤカラスカル

ワイド:◎○2,500円 ◎▲1,500円 ◎△1,000円

阪神牝馬S回顧

1着 牝8 ジョリーダンス 父ダンスインザダーク 母ピーターホフズパティア(Peterhof)

高齢牝馬による偉業を達成したジョリーダンスを褒め称えるだけのレースになりました。スタートしてのからの道中は10番手の位置取りからレースを進め直線は手ごたえよく末脚を発揮して阪神牝馬ステークスを制する素晴らしい走り。7番人気でしたが、そろそろ衰えたと考える競馬ファンも多かったはず。しかし、馬体や追い切りを見ていくと決して悪いデキではないことが分かっていました。まあ、頭で狙える馬ではなかったのでボックスで買わないと3連単は拾えなかったですね。予想オッズがついたら買いだったのかも。騎手は、四位 洋文。調教師は、堀 宣行。

2着にはダンスインザダーク産駒ザレマ。投資競馬の視点から見ると基礎能力以上にオッズが低いことから狙い目としては十分でした。ただ、ほかに魅力的な馬が多いことから一発を万馬券を狙っていったのが失敗でした。やはり強い馬を評価するというのは競馬を投資にするなら必要な考え方でしたね。keibasite.comに送られてくる競馬予想の口コミでも評価は良かっただけに申し訳ないことをしました。レースは6番手から進めていく王道スタイルの競馬でしたらか地力が違った印象です。騎手は、安藤 勝己。調教師は、音無 秀孝。

3着にはクロフネ産駒オディール。いつもしっかりと馬券圏内を走るイメージで軸馬にはしやすいタイプですが複式オッズは買われることから高額配当リターンが望めません。それでも投資額を抑えられるためバリュー投資として考えれば悪くはないのかも。馬力のあるタイプで阪神競馬場では今後も狙っていきたいですね。騎手は、岩田 康誠。調教師は、橋口 弘次郎。

keibasite.comでは、クラウドを利用した独自の情報ルートを確立させるために広く人材を集めています。今では、インターネットで実力を発揮してきた競馬予想家や馬券師を始めとした実力者が情報提供を開始しました。こうした競馬予想の口コミを集めることで独自メディアとしての活動を目指しています。これからの競馬でJRAに勝ち続けるために投資競馬を目的とした個々の競馬必勝法ができるシステムを開発しています。こうした取り組みの興味のある方はご連絡ください。

無料競馬講座

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想

error: セキュアシステムにより選択できません!