日経賞まとめ

      2017/10/11

Pocket

2016年

日経賞の予想オッズとデータ傾向から好走馬を探ります。

日経賞2016は、有馬記念と同じ中山競馬場の芝2500mで行われるG2重賞レースになります。有馬記念から休み明けで出走してくることもあるため関連性の深いレースと言えるでしょう。

過去の名馬でも、ここを凡走して大波乱の引き金となったレースがいくつかあることから思わぬ高配当がでてくることもあり穴党にはたまらないレースになります。

推奨軸馬

4.タッチミーノット
常に外を回される展開で同情できる負け方だった。
中山競馬場だったら距離は長い方が向きそうだ。

13.オーシャンブルー
小柄な馬で仕上げに手間取らないタイプ。
有馬記念2着の舞台なら初戦からエンジン全開。

推定穴馬

5.ダノンバラード
前走は見所ある競馬も1800mは少し短かった印象がある。
ゆったりと走る馬で距離延長はプラスにでるはず。

最終決断

ワイド:4-5(1000円)、5-13(1000円)

2010年

2010年の日経賞では信頼できる穴馬を検証してみた結果をここに公開する。年間プラスにしていくために必要なのは揺るぎないスタンスと信念である。

競馬で負けている思考停止している人たちが取っている行動。それは週末に競馬新聞やJRA-VANデータを利用して買い目をだす。これが誰しもがやる作業であり、これをやってない人はケチか競馬初心者ぐらいなものだろう。しかし、このあたり前のような枠に収まっている限りケタ違いな回収率を叩き出すことはできない。

3連単が導入された当初を思い出して欲しい。みんなが似たような買い目を買っていたせいでオッズに偏りができていた。そこに目をつけた競馬必勝法が一時的に流行ったが、今では少しずつその効果を失ってきているようだ。この手法の問題は税金にあるため分かっている人なら手を出さない。

投資競馬は挑戦的な人間でなければ続けることができない。投資の世界で買っているのは不安がる人ではなく自分は勝てると楽観視している人たちであるということが統計により分かっている。日本人を含めたアジアは不安遺伝子の影響が強いため、まずは自分自身という敵に打ち勝たないと投資競馬での成功は見えてこない。

◎10.ナムラクレセント

6勝のうち5勝が折り合いの付け易い小回りコースとなっており中山競馬場が初めてでもプラスと言える。
気性的にムラがある馬なのでコースよりも輸送の方が心配だが関東圏への輸送は慣れているだけに問題はないだろう。菊花賞3着の実績から折り合っていければ2500mの距離も問題なし。鉄砲実績もあり人気でも堅実性を評価すれば積極的に狙いたい。

○15.ロジユニヴァース
☆14.タガノサイクロン

×4,6,8

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G2予想