京王杯2歳ステークスまとめ

      2017/09/28

2009年

東京競馬場で行われる京王杯2歳Sの激走馬を狙い撃つ!

芝1400mだからといってもペースが上がらないのが東京競馬場の性質である。そのため先行馬の脚色が衰えず思わぬ高配当をもたらすことも珍しくない。その点から狙いは定めやすいもののキャリアが浅い2歳馬だけに好走馬を特定することは容易にはいかない。

その点から馬券はボックス買いで攻めることも考えたい。あれこれと悩むのは時間の無駄であり可能性を考えるのもまた同じことだろう。どうなるか分からないのが2歳戦の魅力であるため、その分からない部分を埋めることができれば自ずと高配当の馬券がもたらされることは想像に難くない。

あの馬は強いという視点も大事ではあるが、それだけで競馬を理解することはできないのも事実だろう。いかに競馬が持つブラックボックスな面に対して対処していけるかが投資馬券において重要な意味を持つと考えたい。

京王杯2歳ステークス

◎エステーラブ

重馬場での2歳戦で荒れる気マンマンって感じだが狙いはエステーラブ。
新馬戦は雨が降り続きヤヤ重でもかなり重かった馬場で難なく差し切ったように道悪は得意。2戦目の重賞でも大外回っての伸びを見る限り力量差は感じない。前走から速いペースの方がレースしやすく格上げもプラスに働くと見る。スピード勝負に強いマイネルラヴ産駒にブライアンズタイムの血統構成からバランスが良く激走穴馬として期待する。

他にも目ぼしい馬はいるが実績的には混戦模様で絞り切れない。
ここはシンプルに攻めていくのが吉とでそうだ。

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想