ホープフルステークスまとめ

   

ホープフルSは、2歳G1レースに昇格しました。朝日杯フューチュリティSとの違いは距離にあります。

ホープフルステークスでは2000mの中距離、朝日杯フューチュリティSでは芝1600mの短距離と路線が分かれることになります。近年ではクラシックを重視する馬たちはマイルを使わない風潮があるため、その流れをくんで新設されたのだと思います。一説によると社台・ノーザンファームから強烈なプッシュがあったという話も見かけました。

ただ、やはり2歳馬のレースになるため2つもG1レースがあると手薄になるのではという危惧も聞こえてきます。逆に明確な目標ができたことで生産者も仕上がりの早い馬を重視するのは間違いないでしょう。そうなれば競走馬のレベルもアップしていくため数年後には心配なくメンバーが集まるようになるのかも知れません。

ポコポコとG1レースが作ることで売上アップを狙うJRAの思惑が透けて見えますが質が伴ってないと逆効果になりかねない。ただ、開催するだけでなくG1レースにふさわしい雰囲気づくりも重視して欲しいと思います。

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - G1予想