クイーンカップまとめ

      2018/02/07

2017年

2017年のクイーンカップを予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

1番人気はハーツクライ産駒アドマイヤミヤビ。前走の百日草特別では、京都2歳ステークスを勝ったディープインパクト産駒カデナに勝利。牡馬相手にしっかりと勝ちきった前走の価値は計り知れないものがある。3着アウトライアーズも次走の自己条件レースを完勝しておりレベルの高さを物語っている。一発大物をだしてくるハーツクライ産駒だけにクイーンカップも通過点となるレースぶりを期待。

2番人気はディープインパクト産駒フローレスマジック。マイルで一線級の活躍を見せているサトノアラジンやエリザベス女王杯を制したラキシスと同血統という良血馬。アルテミスSでは、阪神ジュベナイルフィリーズ2着のリスグラシューと接戦の2着となっており確かな素質を証明している。前走でマイナス12kgの馬体重を考慮して休養に入っており無理せず成長をうながすローテーションに好感が持てる。

3番人気はダイワメジャー産駒レーヌミノル。1ハロンの距離延長が課題となった阪神ジュベナイルフィリーズでは上手く折り合いをつけて3着と好走して見せている。前走のレースぶりならマイルまでなら問題なく対処できそうでクイーンカップでも有力馬の一角として数えられる。

2016年

クイーンカップ予想オッズとデータ傾向から好走馬をあぶりだします。

クイーンカップは、東京競馬場の芝1600mで行われる3歳牝馬限定G3レースになります。桜花賞に直結するケースは少ないもののNHKマイルカップで好走する馬もいたりと各路線の基点になることから注目しておきたいレースです。

■過去の好走想定馬
2.イリュミナンス
前走は揉まれる競馬でキャリアの浅さがでた。良くなる余地十分。

5.コレクターアイテム
現状の完成度では一番無難な馬だろう。

推定穴馬

14、15

11.ミラクルラヴィ
内から差す器用さを見せて勝った前走を評価したい。
末一辺倒ではなく、ある程度の位置取りで競馬できるなら。

最終決断

ワイド:2-11(1000円)、5-11(1000円)

東京10 銀蹄S

推奨軸馬

12.スノードラゴン

推定穴馬

4.ホクセツキングオー
左回りダート1400mは2戦2戦で圧勝と底を見せていない。

13.オースミレジスタ
精神面で強くなり成長が感じられる。流れに乗れればしぶとい。

最終決断

ワイド:4?12(1000円)、12?13(1000円)、4?13(1000円)

クイーンC 出走馬診断

イリュミナンス

2戦目で重賞フェアリーSに出走し1番人気も着差なしの4着と一応の地力は見せている。
トリッキーな中山マイルに対応できた点は収穫で経験の点で他馬を上回っている。
総合能力が高い馬で奥はなさそうだが今の時期は注視したい馬だ。

コレクターアイテム

先を目指すより今を重視したローテーション。実績馬でもあり目が離せない一頭だ。
1kg重くても快勝して見せた条件ならという出走判断をしたのだろう。
名より実を取る作戦が功を奏すのか注目してみたい。

ウキヨノカゼ

ディープインパクトの全弟オンファイア産駒。
フェアリーステークスでは、初戦よりも前々で競馬できた結果2着。順当な良化を見せた。
血統や競馬ぶりは地味ながらも味がある内容で自分の力は出し切るタイプか。

2011年

◎16.マイネイディール

近2走の走破時計が1:34.6と安定した走り。
ペースを考えると現状の限界点だろう。
持ち時計内の決着なら馬券になる可能性あり。

○01.ダンスファンタジア

関東圏の競馬で3勝と安定。
環境に敏感な馬で慣れた府中なら好勝負。

▲09.ホエールキャプチャ

相手なりのタイプで大崩れしないのが魅力。
ただ、時計勝負になった時に若干不安を残す。

×4,11

クイーンカップ回顧

1着はクロフネ産駒ホエールキャプチャ。レースは6番手から進め直線に入ってからはしっかりとした末脚を発揮し重賞レース制覇を飾った。稍重だったが雨が降り続いたことで重馬場に近かった。タフな馬場になったことでパワーのある血統が生きた格好となった。斤量55kgを背負っての快勝だけに地力が違ったということだろう。騎手は、池添 謙一。調教師は、田中 清隆。

2着はテレグノシス産駒マイネイサベル。レースは中団から進めてじっくり末脚をためる競馬が功を奏ししっかりとした脚で2着に食い込んだ。地味な血統ながら確かな地力を証明する好走で今後もG1レースで活躍する可能性が高まった。騎手は、松岡 正海。調教師は、水野 貴広。

3着はリンカーン産駒デルマドゥルガー。2着馬と同じ位置から差し込む競馬で地味な血統ながら好走にありついた。着実にキャリアを重ねながら重賞レースを好走するまでに成長してきたのは感慨深いものがある。桜花賞で好走するタイプではないにしろ今日のところは賞賛に値する走りだったと言えるだろう。騎手は、内田 博幸。調教師は、堀井 雅広。

無料競馬講座

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G3予想

error: セキュアシステムにより選択できません!