弥生賞2018予想オッズまとめ

      2017/10/11

弥生賞の予想オッズとデータ傾向をもとに分析していきます。

予想オッズ1番人気はディープインパクト産駒カデナ。京都競馬場の芝2000mで行われた京都2歳Sを快勝。デビューから馬体重を増やしながら一段ずつ着実な成長を遂げてきた。それも距離を伸ばしつつ東京競馬場への長距離輸送もこなしつつち中身は濃い。2017年もディープインパクト×フレンチデピュティがクラシックを賑わすのか楽しみにしたい。

2番人気はバゴ産駒コマノインパルス。前走は重賞レースの京成杯を勝ち芝2000mを使われてきた3戦のキャリアは価値が高い。エリザベス女王杯を制したリンデンリリーからの流れをくむ良血であり成長力は有している。速力や瞬発力が求められる現代競馬に適応していけるか疑問は残るものの1つ1つハードルを乗り越えていって欲しい。

3番人気はキングカメハメハ産駒ダイワキャグニー。セリで1億円以上した血統馬だがデビューからの2戦は人気がない中での2連勝と面白いキャリアの持ち主。鼻出血があったりと順調とは言えない中での走りから未知の魅力にあふれた素質馬には違いない。

弥生賞予想オッズ

1	カデナ			2.8
2	コマノインパルス	3.8
3	ダイワキャグニー	5.1
4	ブレスジャーニー	5.6
5	グローブシアター	6.4
6	ダンビュライト		10.0
7	サトノマックス		27.9
8	ベストアプローチ	36.8
9	マイスタイル		55.7
10	バリングラ		91.7
11	ディアシューター	158.1
12	スマートエレメンツ	361.4
13	テーオーフォルテ	361.4
14	キャッスルクラウン	436.1
15	サンライズソア		505.9

弥生賞2017有力馬診断

弥生賞の出走予定馬を診断していきます。

サトノアレス

札幌競馬場のデビューから2戦つづけて2着。そこからディープインパクト産駒らしい成長力を見せての3連勝で朝日杯フューチュリティステークスを制した。マイルでの2戦が鮮やかな勝利だっただけに距離延長には疑問が残るもののスローペースになりやすい弥生賞なら対応できそうだ。母父デインヒルはマイル路線で活躍するフィエロと同じ血統配合だけに今後は距離延長しての不安がつきまとうことになる。今後の距離不安を払拭するために良い内容で勝ちたいところ。

ブレスジャーニー

サウジアラビアロイヤルカップと東京スポーツ杯2歳ステークスと重賞レースを2連勝している。右トモがピリッとしないということで弥生賞への出走は微妙なところ。初めての右回りコースということで皐月賞に向けた一戦でどう立ち回るのか試練のレースと言えそうだ。ここで弥生賞を回避するとなるとスプリングステークスへの出走も考慮されるところだがデキの状態次第では本番ぶっつけという可能性もあり動向が注目される。今のところ朝日杯フューチュリティステークスを制したサトノアレスに続く世代ナンバー2にいる馬だが父バトルプランの実績は目立たずクラシック向きの印象が薄い。

カデナ

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスを制した期待のディープインパクト産駒。直線の短い京都競馬場の内回りで見せた父ゆずりの鋭い決め手は中山競馬場でも強力な武器になるのは間違いない。レースに使いつつ馬体重を増やしている点は好感が持てるポイントで体質的にタフさを兼ね備えた馬と言えるだろう。母父フレンチデピュティは日本ダービーを制したマカヒキと同じことから先々も期待できる血統背景を持っていることから弥生賞のパフォーマンス次第では皐月賞の有力馬に躍り出る可能性もある。右肩上がりの成長力をいかんなき発揮できるか注目したい。

グローブシアター

全兄に朝日杯フューチュリティステークスを勝ったリオンディーズがいる。母は日米オークスを勝った名牝シーザリオで菊花賞とジャパンカップを勝ったエピファネイアが代表産駒。一族の仔としては小柄で気性も従順だがスケール的には今のところ落ちる印象は否めない。それでもホープフルSでは、長距離輸送と初コースに対応しての3着と確かな素質を感じさせた。クラシック血統ともいえる良血だけに急成長が見られても可笑しくないことから弥生賞を制すことがあれば一気に皐月賞の主役に躍り出ても不思議ではない。

コマノインパルス

デビューから一貫して芝2000mを走り京成杯で重賞レース制覇。例年から手薄になりやすい重賞レースということ、クラシック血統とは言えないバゴ産駒ということで弥生賞で真価が問われる一戦と考えたい。そのレースぶりを見ると先行から差しまで適応できるセンスの高さはトリッキーと言われる中山競馬場では大きな武器になる。この経験と地の利を生かせるうちは軽視しない方がいいだろう。

弥生賞2017データ傾向

弥生賞のレースラップを見ていくと息の入る流れになりやすいことから直線に入ってからゴールするまで消耗戦になる可能性は低い傾向が見えてくる。

そのため上手く立ち回ることができる好位組の競馬が理想的なレース運びとなっており4コーナーまでには前を射程に入れられる位置でレースを進められる馬を狙っていきたい。

2016年の弥生賞は好メンバーが集まったことで加速力で何とかしてしまったハイレベルレース。それでも勝ち馬は別路線で決まったあたりが弥生賞な微妙な立ち位置を表している。

基本的に1番人気が強いレースなことから大荒れは考えにくく堅実な配当を狙っていくと馬券は当てやすいだろう。

そのためか前走で勝って参戦してきた馬の好走率が高く負けてきた馬は割り引いて考えた方が良さそうだ。

当然ながら重賞レースほど価値は高く、キャリア3~5戦でまとまっているのがデータ傾向として理想的と言える。

弥生賞2017予想見解

サトノアレスやブレスジャーニーは回避する可能性もあることからディープインパクト産駒カデナを有力視している。

実績馬の出走が少なくなるほどヒモ荒れの可能性がでてくるため動向には注目していきたい。

近年は別路線からの直行組が皐月賞を制しているだけに、あまり先を考えずにここで走る馬を見分けられるかが馬券の的中ポイントと言えそうだ。

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2018 , ,