安田記念2014分析

      2017/02/23

2014年の安田記念は、東京競馬場の芝1600mで開催される。早速フォトパドックでの状態確認を含めた穴馬の検討を始めていきたい。

ジャスタウェイ

父ハーツクライ 母シビル(ワイルドアゲイン)

しっかりとした筋肉と立ち姿からドバイ帰りの反動は感じられない。背中や四肢にも力強さがあり高いレベルでの出走となりそうだ。毛づやもピカピカと輝いており申し分のないデキと言える。週末は雨予報だが、本格化を遂げた今なら馬場が悪くなっても極端に性能を落とすことはないはず。母父のワイルドアゲインは、不良馬場のスプリングステークスを勝ったナリタキングオーを輩出ししており雨を苦にすることはないと考えられる。仕上がりが早いながらも成長力があり色々な馬場をこなせる万能さがあるのは血統配合の妙と言えるのかも知れない。

仕上がり:★★★★★ 

トーセンラー

父ディープインパクト 母プリンセスオリビア(リシウス)

以前ほどスマートな印象がなくなりメリハリのある筋肉がやたらと目立っている。馬体だけで見るとマイラーっぽさが強調された感がある。その点を考慮して天皇賞(春)は出走しなかったのだろう。マイル路線で素質が開花となっても不思議ではない。全弟スピルバーグが再び軌道に乗り始めたように母系の成長力は予想を超えた力があるのだろう。東京コースに実績はないが今のデキならと思えてくる。

仕上がり:★★★★★ 

ワールドエース

父ディープインパクト 母マンデラ(アカテナンゴ)

マイラーズカップがレコードでの快勝だったが、外観からは反動は見らない。レースを使いつつ馬体体に張りでて、シルエットだけ見れば今季一番のデキ。あとは調教やレースで無事に競馬できるかだけだろう。馬場は渋ってもこなすと見るが、脚元を考えるなら負荷の低い良馬場の方が良かったように思う。

仕上がり:★★★★★ 

ダノンシャーク

父ディープインパクト 母カーラパワー(カーリアン)

いつも安定した馬体を見せていたが、今回は今までと違い緩く見えるのが気がかり。もう一絞りできそうな体つきでもあり当日の馬体重には注意が必要だろう。ここからビシッと仕上がるのか最終追い切りに注目したい。重馬場の経験はないが小さめ体格から考えればプラスとは言えないが飛節は強く荒れた馬場じゃない限り大丈夫だろう。

仕上がり:★★★☆☆ 

カレンブラックヒル

父ダイワメジャー 母チャールストンハーバー(グラインドストーン)

ずっと外観は良かっただけに大きな変化は見られない。精神的な立ち直りが前走の重賞制覇に結びついたのだろう。ムラな面を見せてきただけに完全にスランプに脱したは微妙だが、仕上がりは申し分なく引き続き良い状態で出走できる。この馬にとって雨はプラス材料で他が苦にしてくれる馬場はありがたいだろう。NHKマイルカップを勝った東京競馬場で復活の狼煙を上げられるか見物だ。

仕上がり:★★★★☆ 

ミッキーアイル

父ディープインパクト 母スターアイル(ロックオブジブラルタル)

NHKマイルカップを勝った反動はなく、この馬なりに状態はキープしている。ただ、古馬に入ると迫力という点で少し物足りなさを感じてしまう。現状でも古馬と互角に渡り合えるようなら先々が楽しみになってくるのだが。今までは馬場の良い開幕週の競馬が多く雨が降ると未知だが、斤量が軽いぶん動きやすいという見方もある。

仕上がり:★★★★☆ 

グランプリボス

父サクラバクシンオー 母ロージーミスト(サンデーサイレンス)

きっちり乗り込んできた印象で、アウトラインに緩みがなく久々を感じさせないデキとなっている。すでに完成している古馬だけに成長はないが、自分の力はしっかり発揮できそうだ。これだけ休んだことはないため割引はしておく必要があるだろう。重馬場経験はないがパフォーマンスを見る限りプラスとは言いづらい。

仕上がり:★★★★☆ 

ショウナンマイティ

父マンハッタンカフェ 母ラグジャリー(ストームキャット)

産経大阪杯の時より体をふっくらと見せているあたり調整は上手くいったと言えそう。最終追い切りで負荷をかけられるようなら状態面に不安はないと見て良さそうだ。昨年の宝塚記念回避から歯車が狂いだしたが、体調が悪いわけではなく見直していいだろう。重馬場の経験はないが、馬格はしっかりしており宝塚記念の好走を見ても大きなマイナスとはならないか。

仕上がり:★★★★☆ 

ホエールキャプチャ

父クロフネ 母グローバルピース(サンデーサイレンス)

特に変わった所はなく良い意味で平行線。極端に細くなった感じはなく変わらずに来ている。馬体の維持ができていれば問題ないだろう。牝馬だけに力のいる重馬場はプラスとは言えないが、東京新聞杯を完勝したのを見るとこなすかは程度の問題だと思われる。

仕上がり:★★★★☆ 

レッドスパーダ

父タイキシャトル 母バービキャット(ストームキャット)

良い意味で力が抜けてきた感じで古馬としての円熟味が増してきたように思える。特に上積みはないが、衰えた印象もなくスキのない仕上がりとなっている。見た目はどっしりと重量感はあるが軽い走りを見ると馬場が渋るのは良くないだけに良馬場の方が力をだせる。

仕上がり:★★★★☆ 

リアルインパクト

父ディープインパクト 母トキオリアリティー(メドウレイク)

スラリと見せる馬だけに短距離は無理使いだった感がある。ただ、間隔を空けてきただけに反動は考えなくていいだろう。暑い時期は合っているのか、薄く造りの皮膚は目立っており雰囲気の良さが伝わってくる。重馬場はこなすこともあるが得意と言えるまでかは微妙なところだろう。

仕上がり:★★★★☆ 

競馬予想9年プラスを証明し10年目に突入。信念は【負けるが勝ち、想像から創造する】がモットー。インターネット初期に掲示板レンタルサービス「サーガミクス」を開設。芸能人をはじめ1万人に愛用されました。その後、多くの馬券師や競馬予想家にウェブ関係のサポートを展開。現在はシステムアナリストとしてデータ分析の強みを発揮しています。競馬予想のご相談はお気軽にどうぞ。

よく読まれている記事

1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2014